風帝(ふうてい)ライザー/Raiza the Storm Monarch》

効果モンスター
星6/風属性/鳥獣族/攻2400/守1000
(1):このカードがアドバンス召喚に成功した場合、
フィールドのカード1枚を対象として発動する。
そのカードを持ち主のデッキの一番上に戻す。

 FORCE OF THE BREAKERで登場した風属性鳥獣族上級モンスター
 の1体であり、アドバンス召喚に成功した場合にフィールドのカードデッキの一番上戻す誘発効果を持つ。

 モンスター効果カードの種類を問わない除去であり、バウンスなので破壊されない耐性を突破できる上、ドローロックを掛ける事もできる。
 エクストラデッキから特殊召喚されるエクシーズモンスターなどをエクストラデッキ戻す事で蘇生等の再利用も防ぎやすい。
 その反面で召喚特殊召喚効果を発揮するモンスター魔法・罠カードバウンスした場合は再利用されやすい。
 また、エクシーズモンスターなどをエクストラデッキに戻した場合はドローロックが発生する事もない。

 自分カードバウンスする事もできるが、自分ドローロックされるので、特に再利用したいカードがない限り相手カードバウンスすべきである。
 このモンスター効果強制効果であり、フィールドの状況によっては自分カードバウンスしなければならず自分ドローロックされたり、再利用させたくない相手カードバウンスしたりする事になり、使用する状況を選ぶ効果である。
 また、このバウンス対象とした魔法・罠カードチェーン発動された場合は、デッキトップに戻せずドローロックはできない。

 この効果と相性が良いカードは多く存在する。
 自他問わずにロックカード戻す事ができるので、【フィフティ・フィフティ】でも活用可能である。
 風属性鳥獣族を主体とするデッキにも無理なく採用でき、風属性《風霊術−「雅」》等、鳥獣族《ゴッドバードアタック》等のカードを共有できる。
 《邪帝ガイウス》等の闇属性モンスターを併用する事で、《ダーク・シムルグ》特殊召喚を狙える。

 他の上級モンスターと比較すると、除去という点では同じ万能除去効果を持つ《邪帝ガイウス》と並ぶ。
 どちらも破壊耐性をくぐり抜けられる点や墓地利用を封じられる点が共通しており、一長一短であると言える。
 ドローロックによる相手の妨害という点で見れば、《炎帝テスタロス》とは効果自体は違うものの似たような関係とも考える事ができる。
 上級を扱うタイプの【帝コントロール】デッキでは、環境や他の採用するとの連携を考え、採用枚数を調整したい。

  • 世界大会のWORLD CHAMPIONSHIP2007では、上位8名の内チャンピオンを含む6名が切り札として使用した。
  • このカードスーパーレアは、天魔神と同様に光っている所が非常に少ない。
    ちなみに、「本体の鎧の金色の縁が光っているもの」と「更に背景の竜巻も光っているもの」と、光り方の異なる2種類のカードの存在が確認されている。
    また他のアルティメットレアと違い、このカードだけ全体的にレリーフ加工がしてある。
  • 他のはすべて、名前の母音が「u」で終わっているのだが、このカードだけは「a」で終わっている。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメ5D'sの「ジャックvsガロメ」戦においてジャックが使用した永続罠《強制帰還装置》、「クロウvsアキvsシェリー」戦においてクロウが使用したカウンター罠《ダウン・フォース》のイラストに描かれている。
  • アニメARC-Vの「黒マスクの男vs沢渡」で沢渡が使用した通常魔法《アドバンス・カーニバル》のイラストに描かれている。
  • コナミのゲーム作品において―
    WCS2008で配信されている特殊な禁止・制限カードリストでは、制限カードに指定されている。
    このゲームの攻略本には最後のLPサバイバルの対策デッキのレシピにこのカードがあるが、このカードはクリア後に登場するパックに入っているので、この時にこのカードを通常の手段で手に入れるのは不可能である。

関連カード

効果関連

―《風帝ライザー》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果の対象とした伏せカード通常罠であり、それをチェーン発動された場合、どうなりますか?
A:発動後に場に残らない通常罠等を、チェーン発動された場合、デッキトップには置かず、墓地に送られます。
  永続罠の場合は、チェーン発動されてもデッキに戻します。


Tag: 《風帝ライザー》 効果モンスター モンスター 星6 風属性 鳥獣族 攻2400 守1000

広告