副作用(ふくさよう)?/Side Effects?》

通常罠
(1):相手はデッキから1〜3枚までの任意の枚数ドローする。
その後、自分はこの効果で相手がドローした数×2000LP回復する。

 クラッシュ・オブ・リベリオンで登場した通常罠
 相手が3枚までドローした後に自分はその枚数×2000のライフ回復する効果を持つ。

 発動すれば確実に2000ポイントは回復できるが、いくらライフ・アドバンテージが取れるとはいえ、相手に大幅なハンド・アドバンテージを与えるのは致命的である。
 ライフ回復が目的にしても、アドバンテージを与えない《女神の加護》などが存在する。
 使用する場合、《エンシェント・ホーリー・ワイバーン》《裁きの代行者 サターン》など、1ターンキルが視野に入るカードと合わせるとよい。
 ただし、それでも相手に戦術がばれていればドロー枚数を減らされてしまうため、ウイルス《大暴落》も併用しフォローできるようにするとよい。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《副作用?》 通常罠

広告