墓守(はかもり)使(つか)()/Gravekeeper's Servant》

永続魔法
相手はデッキの一番上のカード1枚を墓地へ送らなければ、
攻撃宣言をする事ができない。

 Magic Ruler −魔法の支配者−で登場した永続魔法
 攻撃宣言に条件を加えるルール介入型の効果を持つ。

 このカード単体では、ロックにもデッキデスにも使いづらい。
 相手攻撃を躊躇させる目的で使うなら、【マドルチェ】等一部のデッキ対策にしかならない。
 むしろ相手デッキ圧縮墓地を肥やすチャンスを与えるため、逆効果となってしまう。
 デッキデス効果として見た場合、墓地送り相手に依存する上数が少ないので、こちらの点でも安定しない。

 しかし、《マクロコスモス》等の墓地へ送るカードを全て除外するカードが存在する場合、攻撃ロックが可能になる。
 これはカード墓地へ送るのはコストなので、除外される場合は墓地へ送るコストを支払えなくなるためである。
 元から《マクロコスモス》を使う【除外ビートダウン】【ネクロフェイス】に入れておけばこのコンボも成立しやすく、相手にのみ攻撃制限を強いることになる。
 《次元要塞兵器》とでも同様に墓地へ送るコストを払えなくなるため、相手攻撃封印が可能である。

 《王宮の鉄壁》《マクロコスモス》が存在する場合、カードは通常通り墓地へ送られるため、ロックは成立しない。

関連カード

―使い魔

収録パック等

FAQ

Q:コスト扱いですか?
A:コスト扱いです。(09/02/09)

Q:デッキカード墓地に送れない状況で、攻撃宣言する事は可能ですか?
  (《マクロコスモス》適用中、デッキが0枚等)
A:いいえ、攻撃宣言できません。

Q:《次元の裂け目》の場合は、どうですか?
A:この場合、デッキの一番上カード墓地へ送られるかどうか不確定ですので、攻撃宣言を行う事はできません。(08/02/12)

Q:《ヘル・テンペスト》発動後、自分《次元の裂け目》とこのカード発動しました。お互いデッキモンスターが存在しない事が確定していますが、この状況で相手攻撃宣言できますか?
A:いいえ、その場合でも攻撃できません。(12/03/07)

Q:《次元の裂け目》《天変地異》が存在しており、自分デッキの一番上カードは魔法または罠カードです。
  この場合は、攻撃宣言を行う事が可能ですか?
A:はい、墓地へ送れる事が確定している場合は可能です。(08/06/17)

Q:《マクロコスモス》または《次元の裂け目》《王宮の鉄壁》が存在する時、攻撃宣言できますか?
A:カード墓地へ送る事ができるようになるため、デッキトップカードを1枚墓地へ送れば攻撃宣言可能です。(08/08/11)

Q:《ペンギン・ナイト》墓地へ送られた場合、効果発動しますか?
A:カードの効果によって墓地へ送られた扱いではないので、発動しません。(15/04/16)


Tag: 《墓守の使い魔》 魔法 永続魔法

広告