墓守(はかもり)大神官(だいしんかん)/Gravekeeper's Visionary》

効果モンスター
星8/闇属性/魔法使い族/攻2000/守1800
このカードは「墓守の」と名のついた
モンスター1体をリリースして召喚できる。
このカードの攻撃力は、自分の墓地の
「墓守の」と名のついたモンスターの数×200ポイントアップする。
また、フィールド上に表側表示で存在するこのカードが破壊される場合、
代わりに手札から「墓守の」と名のついたモンスター1体を捨てる事ができる。

 ABSOLUTE POWERFORCEで登場した闇属性魔法使い族最上級モンスター
 召喚時のリリースを軽減できる効果外テキストと自身の攻撃力を上げる永続効果手札の「墓守の」を身代わり破壊を回避できる永続効果を持つ。

 最上級モンスターだがリリースを軽減でき、《マジシャンズ・サークル》等にも対応している。
 また《ディメンション・マジック》から展開すれば、召喚権を使わず、消費も除去で相殺できる。
 これのリリース《墓守の召喚師》をあてる事で、《王家の眠る谷−ネクロバレー》サーチあるいは耐性モンスターの確保までに繋がるため、相性が良い。
 また蘇生制限がないので、《Sin スターダスト・ドラゴン》と共有できる《トレード・イン》から《降霊の儀式》で展開できる。

 最上級モンスターだが元々の攻撃力《フォトン・スラッシャー》にも劣る。
 自己強化効果を持つが、倍率が低いため、そこまで高い数値は得られない。
 他の墓守同様、ほとんど《王家の眠る谷−ネクロバレー》ありきのステータスといって良い。
 《墓守の司令官》経由でサーチを行えば、あわせて700ポイントが上乗せされる事になり、リリース分の墓守とで最上級モンスターを突破できるだけの攻撃力を得られる。

 破壊を回避する効果最上級モンスターフィールドに留めやすくでき、ステータスアップにも貢献する。
 効果破壊戦闘破壊の両方に耐性を持つので、様々な状況に対応できる。
 しかし、手札がない場合は事実上破壊耐性がなくなり、しかもその事が相手に筒抜けになってしまう。
 特に《王家の生け贄》との相性は非常に悪い。
 《墓守の石版》手札を確保できるが、攻撃力が落ちるので微妙にかみあわせが悪い。

 【墓守】では《墓守の偵察者》から展開できる《No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル》Sin等のようなエースとなるライバルは多い。
 維持を狙うのが難しい《ネクロバレーの祭殿》《ネクロバレーの王墓》を使用する場合、場持ちのいいこのカードは選択肢として十分に考えられるが、上級モンスター故に手札事故の可能性は上がる。
 サポートカードを駆使した構築はもとより、プレイング面での配慮も必要である。

  • 英語名の「Visionary」は「幻の」「夢のような」や「空想家」などの意味がある。
    「大神官」を直訳すると「High Priest」になるのだが、幻想的なイメージが出るように単語を選んだのだろう。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALではリシドが使用。
    アニメに一切登場していないが、専用ボイスが用意されている。
    なお、グラフィックでは常に玉座に座っている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:一つ目は効果外テキスト。(12/08/30)
残る二つはいずれも永続効果です。(10/10/13)


Tag: 《墓守の大神官》 効果モンスター モンスター 星8 闇属性 魔法使い族 攻2000 守1800 墓守

広告