宝玉獣(ほうぎょくじゅう) コバルト・イーグル/Crystal Beast Cobalt Eagle》

効果モンスター
星4/風属性/鳥獣族/攻1400/守 800
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に発動できる。
自分フィールド上の「宝玉獣」と名のついた
カード1枚を選択して持ち主のデッキの一番上に戻す。
このカードがモンスターカードゾーン上で破壊された場合、
墓地へ送らずに永続魔法カード扱いとして
自分の魔法&罠カードゾーンに表側表示で置く事ができる。

 FORCE OF THE BREAKERで登場した風属性鳥獣族下級モンスター
 宝玉獣の一体であり、宝玉獣共通のルール効果と、自分フィールド上の宝玉獣デッキトップ戻す起動効果を持つ。

 効果を使う時は魔法&罠カードゾーン宝玉獣を対象とするのが基本となる。
 自分魔法&罠カードゾーン宝玉獣で埋め尽くされてしまった状態の解除や、《宝玉獣 サファイア・ペガサス》効果の使い回しに用いることができる。
 《宝玉獣 サファイア・ペガサス》デッキトップに戻した場合は、《モンスター・スロット》とのコンボを狙うこともできる。
 しかし、この効果自体が1枚のディスアドバンテージとなる上に次のドローを潰してしまうので、実際にこの効果を利用することがプラスとなる状況は限られる。
 《デーモンの宣告》《大逆転クイズ》とのコンボも可能だが、宝玉獣とこれらのカードを組み合わせる意義はあまりない。
 比較的狙いやすいのはやはり前述の《モンスター・スロット》だろう。

 フィールドに置いたまま邪魔になってしまった《宝玉の解放》を処分するのに役立つ。
 適当な宝玉獣に装備してそのモンスターデッキトップに戻し、《宝玉の解放》効果でそのモンスター永続魔法として置けばドローロックの危険もない。
 特に永続魔法扱いの宝玉獣が4体いると魔法での対処は出来ないため、覚えておいて損はない。
 《宝玉の樹》ジェムカウンターを貯めすぎて効果が使用できなくなった場合に、このカード宝玉獣を一枚減らし空きを作ってやることもできる。

 ディスアドバンテージになる効果から従来は《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》特殊召喚のための数合わせになりがちだったが、現在は属性種族を活かして活躍できる場合も多い。
 《宝玉獣 サファイア・ペガサス》と同じレベル4・風属性《電光千鳥》エクシーズ素材に活用でき、獣族中心の宝玉獣における唯一の鳥獣族であるため《烏合の行進》も採用できる。
 レベル宝玉獣で唯一《奈落の落とし穴》適用外であるという点も、こういった際には有利に働く。
 蘇生効果にこそ対応しないものの、《エアーズロック・サンライズ》攻撃力ダウン効果に貢献できるということも忘れないようにしたい。

 コントロール奪取には気をつけておきたい。
 相手がこのカードの効果を使用することによって《宝玉獣 コバルト・イーグル》が自分デッキトップに戻されるため、ドローロックされてしまう。

  • コバルト(Cobalt)は原子番号「27」・元素記号「Co」の金属元素(純粋なものは白い色)であり、宝石ではない。
    尚、「スピネル(Spinel:尖晶石)」という宝石には、コバルトを含む青色のものが存在する。
    このカードの場合、元としているのはこのコバルト・スピネルなのだろう。
  • アニメではイラストが凛々しいものとなっており、背景の意匠も異なっていた。

関連カード

―《宝玉獣 コバルト・イーグル》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:自分魔法&罠カードゾーンに存在する「宝玉獣」と名のついたカードデッキの一番上戻すことが出来ますか?
A:はい、デッキの一番上に戻せるのは「宝玉獣」と名のついた「カード」1枚ですので、モンスターだけに限定されず、永続魔法カード扱いの「宝玉獣」と名のついたカードデッキの一番上戻すことが出来ます。

Q:このカード自分魔法&罠カードゾーンに存在する時に、一文目の効果発動可能ですか?
A:できません。一文目はモンスターとしての効果です。

Q:効果解決時対象に選択したカード裏側表示になった場合、デッキの一番上に戻す処理は行われますか?
A:いいえ、行われずそのカードフィールドに残ったままになります。(15/03/05)


Tag: 《宝玉獣 コバルト・イーグル》 効果モンスター モンスター 星4 風属性 鳥獣族 攻1400 守800 宝玉獣

広告