宝玉獣(ほうぎょくじゅう) サファイア・ペガサス/Crystal Beast Sapphire Pegasus》

効果モンスター
星4/風属性/獣族/攻1800/守1200
このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時、
自分の手札・デッキ・墓地から「宝玉獣」と名のついたモンスター1体を
永続魔法カード扱いとして自分の魔法&罠カードゾーンに表側表示で置く事ができる。
このカードがモンスターカードゾーン上で破壊された場合、
墓地へ送らずに永続魔法カード扱いとして
自分の魔法&罠カードゾーンに表側表示で置く事ができる。

 FORCE OF THE BREAKERで登場した風属性獣族下級モンスター
 宝玉獣の一体であり、宝玉獣共通のルール効果と、召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時に宝玉獣1体を魔法&罠カードゾーン置く誘発効果を持つ。

 【宝玉獣】キーカードであり、フィールドに出すだけで魔法&罠カードゾーン宝玉獣を増やせる展開の要である。
 永続魔法扱いの宝玉獣が増えることで多くのサポートカード発動に繋がるため、直接ではないにせよアドバンテージが得られ、デッキ圧縮の効用もある。
 任意の宝玉獣を持ってこられる点でも評価は高く、《宝玉の導き》《宝玉の契約》と組み合わせることで状況に合った宝玉獣特殊召喚できる。
 殆どの場合はデッキから置くことになるが、手札墓地からも持ってこられるため、デッキデュエル展開に関わらず効果が無駄になることはほぼない。

 宝玉獣では効果使用時の《宝玉獣 トパーズ・タイガー》に次ぐ攻撃力を持ち、アタッカーとしても利用できる。
 戦闘破壊の損失が少ない宝玉獣の性質から、同じ攻撃力1800クラスのアタッカーには優越を得やすい。
 場合によっては自爆特攻して自身を永続魔法化できるのは他の宝玉獣と同じだが、このカードの場合は後々《宝玉の契約》などで再度特殊召喚して効果の再利用もできる。

 《召喚僧サモンプリースト》《宝玉の導き》で早々に展開し、《宝玉獣 ルビー・カーバンクル》《キャトルミューティレーション》《宝玉の契約》で積極的に使いまわしたい。
 手札《エアーズロック・サンライズ》がある場合は、あえて永続魔法化せず墓地に送ってから蘇生を狙う選択肢も取れる。
 こうして戦線を維持しながら、《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》《宝玉の氾濫》の条件を素早く満たしていきたい。

  • 「ペガサス(Pegasus)」については《ファイヤー・ウイング・ペガサス》を参照。
    「サファイア(Sapphire)」とは、コランダムのうち宝石としての価値があり、かつ色が赤でないもの。
    無色透明のものも同様で、これは人造物(合成サファイア)である。
    モース硬度ではダイヤモンドに次ぐレベルであるが、その硬さは9倍もの差がある。
    宝石としては9月の誕生石として知られており、石言葉は「誠実・慈愛・徳望」。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXにて、ヨハン・アンデルセンが使用する精霊の宿るカード
    宝玉獣をまとめるリーダー的存在。
    ヨハンの様々なデュエルの要として活躍しており、「ヨハンvsギース」戦では宝玉獣専用の《ハリケーン》に近い魔法カード《翼の元に》という専用カードが登場している。
    「十代vsヨハンvs藤原」戦でも、専用罠カード《サファイア・リバイブ》が登場した。
    攻撃名は「サファイア・トルネード」、効果名は「サファイア・コーリング」。
    ちなみに《(アドバンスド)宝玉獣 サファイア・ペガサス》の攻撃名は「サファイア・ダーク・ホーン」。
  • ヨハンが使用した装備魔法《金科玉条》、通常罠《サファイア・リバイブ》・《宝玉の砦》、前述の《翼の元に》(作中では確認できない)のイラストに描かれている。

関連カード

―《宝玉獣 サファイア・ペガサス》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップ中に特殊召喚された場合、このカードの「宝玉獣モンスター魔法&罠ゾーンに置く効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(14/12/08)

Q:自分魔法&罠カードゾーンカードが4枚存在する時にこのカード効果発動したところ、チェーン発動した効果でこのカード破壊され、魔法&罠カードゾーンに置かれました。
  この場合、「宝玉獣魔法&罠カードゾーン置く効果はどのように処理されますか?
A:このカード効果適用されない為、魔法&罠カードゾーン手札デッキ宝玉獣を置こうとしていた場合はそのまま手札デッキ宝玉獣が残ります。(13/11/16)。


Tag: 《宝玉獣 サファイア・ペガサス》 効果モンスター モンスター 星4 風属性 獣族 攻1800 守1200 宝玉獣

広告