(ほう)聖典(せいてん)/The Book of the Law》

速攻魔法
「法の聖典」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドの「召喚獣」モンスター1体をリリースして発動できる。
リリースしたモンスターと元々の属性が異なる「召喚獣」モンスター1体を
融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。

 ブースターSP−フュージョン・エンフォーサーズ−で登場した速攻魔法
 リリースした召喚獣と異なる属性召喚獣エクストラデッキから融合召喚扱いで特殊召喚する効果を持つ。

 速攻魔法なのでバトルフェイズの追撃やサクリファイス・エスケープなど幅広い使い方が可能。
 召喚獣は全て融合モンスターのため、発動するにはまず融合召喚を成功させる必要がある。
 《召喚獣カリギュラ》《召喚獣ライディーン》《簡易融合》にも対応するため、腐らせないために採用しておきたい。

 自分ターンでの特殊召喚先の候補としては、汎用性が高く状況を問わず使いやすい《召喚獣メルカバー》攻撃性能が高い《召喚獣プルガトリオ》が良い。
 相手ターン発動する場合はとしての性能が高い《召喚獣コキュートス》攻撃力3300までは耐えられる《召喚獣メガラニカ》が候補となるか。

 召喚獣は全て属性を指定していながら、エクストラデッキではない関連モンスター《召喚師アレイスター》しか存在しない。
 そのため、複数の召喚獣を使い分けるには、通常、多属性カテゴリか、多属性採用の【スタンダード】等、工夫が不可欠となる。
 このカードの大きな利点の一つは、起点とする召喚獣1体さえ確保できれば、2体目以降はそうした属性の問題を踏み倒して融合召喚できることだろう。
 本来指定された属性を採用していなくても融合召喚でき、2体目以降は《召喚魔術》で1体目を除外にあてがうことで通常の融合召喚もできる。
 とはいえ、《召喚魔術》融合フュージョンと異なりこのカードサーチサルベージしづらいため、この方法に依存せず、可能であれば本命の属性もきちんと投入すべきだろう。

  • 元ネタはアレイスター・クロウリーの著書である『法の書』か。
    「アイワス」なる知的存在がクロウリーに伝えたメッセージをもとに書かれたとされるが、その内容はとても難解であり、完全な解読はできていない。

関連カード

収録パック等


Tag: 《法の聖典》 魔法 速攻魔法

広告