暴走召喚師(ぼうそうしょうかんし)アレイスター》

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/魔法使い族/攻1800
【リンクマーカー:左下/右下】
種族と属性が異なるモンスター2体
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「召喚師アレイスター」として扱う。
(2):このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、
融合モンスターが融合召喚された場合に発動できる。
手札を1枚選んで捨て、デッキから「召喚魔術」または「法の聖典」1枚を手札に加える。
(3):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。
デッキから「魔法名−「大いなる獣」」1枚を手札に加える。

 LINK VRAINS PACKで登場した闇属性魔法使い族リンクモンスター
 フィールド墓地《召喚師アレイスター》扱いになるルール効果融合召喚に成功した場合に手札1枚と引き換えに《召喚魔術》《法の聖典》サーチする誘発効果相手効果フィールドから離れた場合に《魔法名−「大いなる獣」》サーチする誘発効果を持つ。

 リンク素材《星杯神楽イヴ》と同じく「種族属性が異なるモンスター2体」となっており、種族統一・属性統一のデッキでは扱いにくい。
 とはいえ効果の関係上基本的には【〇〇召喚獣】で使う事となり、このデッキはその性質上多様な種族属性を併用するのでその点は大丈夫だろう。

 (1)の効果《召喚師アレイスター》となる効果であり、融合素材として使う事になる。
 リンクマーカーの向きの関係上蘇生してもリンクマーカーの向いた場所を増やせないので、(2)の効果が見込めない状況なら墓地に送られた後は融合素材にしてしまってもいい。

 (2)は、融合召喚トリガーとしたサーチ効果
 《簡易融合》墓地融合などで手札消費を抑えつつ発動可能で、そのまま《召喚獣エリュシオン》に繋げる事もやりやすい。
 なお、リンク先か否かを問わないため、メインモンスターゾーンにこのモンスターがいる時エクストラモンスターゾーン融合召喚をした場合にも発動可能である。
 また、1ターンに1度の制限が無いため、手札さえあればサーチした《召喚魔術》《法の聖典》融合召喚する事でさらなるサーチへ繋げられる。

 (3)は《魔法名−「大いなる獣」》サーチ効果
 効果破壊だけでなくバウンスなどでも発動できるが、相手依存であるため能動的には扱えない。
 下級モンスター程度の攻撃力であるため、基本的に戦闘破壊相手は狙ってくるだろう。
 融合モンスターと共に並んでいれば全体除去に対する抑止力になるか。

関連カード

―《暴走召喚師アレイスター》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《暴走召喚師アレイスター》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 闇属性 魔法使い族 攻1800

広告