本陣強襲(ほんじんきょうしゅう)/Assault on GHQ》

通常罠
自分フィールド上に存在するモンスター1体を選択して発動する。
選択したカードを破壊した後、相手のデッキのカードを上から2枚墓地に送る。

 FLAMING ETERNITYで登場した通常罠
 自分フィールド上のモンスター1体を破壊し、2枚のデッキ破壊を行う。

 デッキ破壊を行うが、2枚のディスアドバンテージを負った割には削れる枚数はたった2枚と非常に少ない。
 一応【デッキ破壊】においては《ウォーム・ワーム》とそれなりに相性が良いが、それでも合計5枚のデッキ破壊ではとても割に合わない。

  • 英語名にある「GHQ」とは、「General Headquarters」の略語である。
    日本で「GHQ」と言えば戦後日本を統治した「連合国軍最高司令官総司令部」を指すが、そもそも英語で「GHQ」は一般的な名称として総司令部の事を指し、限定的なものではない。
    そんな場所で食事を摂っている《ゴブリン突撃部隊》は、案外上から重宝されている部隊なのかもしれない。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:モンスター破壊するのはいつですか?
A:効果解決時です。

Q:モンスター効果破壊された扱いになりますか?
A:はい、効果破壊された扱いになります。

Q:破壊行為と墓地へ送る行為は同時扱いですか?
A:いいえ、破壊行為の後で墓地へ送る行為を行います。(07/10/18)

Q:相手デッキの枚数が2枚未満の時に発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(15/01/05)


Tag: 《本陣強襲》 通常罠

広告