()試着部屋(しちゃくべや)/Enchanting Fitting Room》

通常魔法
800ライフポイントを払う。
自分のデッキの上からカードを4枚めくり、
その中のレベル3以下の通常モンスターを自分フィールド上に特殊召喚する。
それ以外のカードはデッキに戻してシャッフルする。

 ファラオの遺産で登場した通常魔法
 デッキトップから4枚めくり、その中のレベル3以下の通常モンスター特殊召喚する効果を持つ。

 最大4体もの通常モンスター特殊召喚できるが、運が悪いとライフを払ってデッキシャッフルするだけにもなりうる極端なカードである。
 ただし、通常モンスターデッキに多く採用していれば2体以上展開できる可能性は十分高い。
 《ダーク・ドリアード》効果デッキの一番上から4枚をレベル3以下の通常モンスターで固めてしまえば確実に4体特殊召喚可能。

 《団結の力》《トライアングルパワー》《サウザンドエナジー》等、モンスターが集まる事で真価を発揮するカードとの相性は良い。
 《おジャマ・デルタハリケーン!!》《大革命》での全体除去すら狙える。
 上記のカードを採用する【ローレベル】では、キーカードとなるだろう。
 《チューン・ウォリアー》《ジェネクス・コントローラー》を採用したシンクロ召喚軸であれば、チューナーシンクロ素材を同時に揃える手段にもなる。
 通常モンスターを多く採用したデッキならば特殊召喚したモンスター《馬の骨の対価》などでドローにつなげられ、ハンド・アドバンテージを稼げる。
 同レベル通常モンスターを多数採用し、エクシーズ召喚に利用する手もある。
 レベル3なら上記のチューナーも併用しやすい。
 効果モンスターだが《ゾンビキャリア》との相性は良く、通常モンスターデッキトップにおいてから発動すれば損する事は基本的になくなる。

 この他、上級最上級モンスターリリース確保にも使えるが、このカードの効果の性質上レベルの高いカードを増やすほど安定性が下がる。
 コストデメリットもあるが、《死皇帝の陵墓》《地獄の暴走召喚》の方が安定しつつ、デッキ構築も縛られずに済む。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:一度めくってから特殊召喚しますが、デッキから特殊召喚する扱いですか?
A:はい、そうです。

Q:モンスターカードゾーンに1つしか空きがないときにこのカード発動し、めくった4枚とも特殊召喚可能なカードでした。
  この場合、特殊召喚するモンスターを好きに選ぶ事はできますか?
  また、残りのモンスターはどうしますか?
A:はい、特殊召喚するモンスターは任意に選ぶ事ができます。
  また、残ったモンスター墓地へ送ります。(08/11/14)

Q:自分デッキレベル3以下の通常モンスターが存在しない時に発動できますか?
A:いいえ、できません。(11/06/30)

Q:自分デッキレベル3以下の通常モンスターが1枚のみ存在している時に発動し、相手《二者一両損》チェーン発動したところ、その1体が墓地へ送られました。
  この場合、このカードの効果処理は行いますか?
A:審判の判断にゆだねます。(12/11/04)


Tag: 《魔の試着部屋》 魔法 通常魔法

広告