魔界劇団(まかいげきだん)−デビル・ヒール/Abyss Actor - Evil Heel》

ペンデュラム・効果モンスター
星8/闇属性/悪魔族/攻3000/守2000
【Pスケール:青1/赤1】
(1):1ターンに1度、自分フィールドの「魔界劇団」モンスター1体をリリースし、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、
リリースしたモンスターの元々の攻撃力分ダウンする。
【モンスター効果】
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、
自分フィールドの「魔界劇団」モンスターの数×1000ダウンする。
(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時、
自分の墓地の「魔界台本」魔法カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを自分フィールドにセットする。

 ブースターSP−デステニー・ソルジャーズ−で登場した闇属性悪魔族最上級ペンデュラムモンスター
 魔界劇団リリースして単体弱体化させるペンデュラム効果召喚・特殊召喚に成功した場合に単体弱体化させる誘発効果戦闘破壊した時魔界台本墓地からセットする誘発効果を持つ。

 魔界劇団ペンデュラムスケールの低いカードが多く、このカードでしかペンデュラム召喚できない魔界劇団《魔界劇団−ダンディ・バイプレイヤー》のみなので、このカードの低いペンデュラムスケールを特別活かしにくい。
 反面、魔界劇団の中では最高のステータスを誇り、モンスターとしての性能が高い事から、《魔界劇団−ティンクル・リトルスター》《魔界劇団−ワイルド・ホープ》でのペンデュラム召喚《魔界劇団−ダンディ・バイプレイヤー》による特殊召喚を積極的に狙う価値がある。
 ただし、上記の内後ろの2枚はペンデュラムゾーンに2枚の魔界劇団を必要とするので、他のカテゴリと組み合わせた【魔界劇団】ではスムーズな特殊召喚は難しく、《ペンデュラム・リボーン》などを採用する必要がある。

 ペンデュラム効果リリースした魔界劇団攻撃力分の弱体化
 レベル4の魔界劇団《魔界劇団−ビッグ・スター》リリースすれば大きく弱体化でき、ペンデュラムモンスターのため再利用も可能。
 ただし、一時的にこちらの戦力も低下するのでフィニッシャーになれる場合や《冥府の使者ゴーズ》等を警戒するときに使いたい。
 《魔界劇団−ファンキー・コメディアン》と比べて弱体化強化の違いがあるが、自分フィールド魔界劇団が1体のみの場合でもリリースからのペンデュラム召喚に繋げられる点などで優る。
 また、《魔界劇団−ファンキー・コメディアン》と併用する事で、攻撃力を下げたモンスターを一点突破で狙う事ができ、ペンデュラムスケールの幅も広い。

 (1)のモンスター効果魔界劇団に応じた、そのターン限定の弱体化
 最低1000ポイントの弱体化が見込め、ペンデュラム召喚などで魔界劇団を展開した状況なら対象モンスター攻撃力を0にする事もたやすい。
 効果の対象にできないモンスターを除き、大多数のモンスター戦闘破壊を狙える。
 《魔界劇団−プリティ・ヒロイン》と違い、この効果ペンデュラム効果はそのターン限定の弱体化である。

 (2)のモンスター効果墓地魔界台本セットする効果
 (1)の効果モンスター弱体化できるので戦闘破壊を狙いやすい。
 戦闘トリガーとする魔界台本とはタイミングが合わないが、《魔界台本「火竜の住処」》効果はこのカードとタイミングが同じであり、手軽に再利用を狙える。
 セットした魔界台本には破壊された時に発動できる効果が備わっているので、相手《ハーピィの羽根帚》などを牽制できる。
 とはいえ、バウンス除外には無力なので、そういった全体除去の牽制を意識する状況でなければ、セットしてすぐに発動できるカードを選びたい。

  • 「ヒール(Heel)」という単語にはいくつも意味があるが、劇団モチーフであることを踏まえると、悪役の意味で使っていると思われる。
    本来はプロレス興行のギミック上、悪役として振舞う者を指すスラングである。
    悪役を意味する英単語は「ヴィラン(Villain)」である。
  • アニメARC-Vで沢渡が使用した通常罠《魔界即興劇−インプロ》のイラストに描かれている。

関連カード

―《魔界劇団−デビル・ヒール》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《魔界劇団−デビル・ヒール》 モンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター 星8 闇属性 悪魔族 攻3000 守2000 スケール1 魔界劇団

広告