魔神儀(デビリチャル)−タリスマンドラ/Impcantation Talismandra》

効果モンスター
星6/闇属性/植物族/攻   0/守   0
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):手札の儀式モンスター1体を相手に見せて発動できる。
「魔神儀−タリスマンドラ」以外のデッキの「魔神儀」モンスター1体と手札のこのカードを特殊召喚する。
(2):このカードがデッキからの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから儀式モンスター1体を手札に加える。
(3):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分はEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。

 CYBERNETIC HORIZONで登場した闇属性植物族上級モンスター
 自身とデッキ魔神儀特殊召喚する起動効果リクルートされた場合に儀式モンスターサーチする誘発効果、自身のエクストラデッキからの特殊召喚を封じる永続効果を持つ。

 儀式魔法儀式モンスター手札に加えつつ、儀式召喚リリースとなるモンスターフィールドに揃えられる魔神儀の1体。
 基本的な使い方は魔神儀を参照。

 (1)の効果を使用し、各魔神儀リクルートした際の結果は以下のようになる。
 (1)の効果を使う時点で手札儀式モンスターが存在するので、リクルート先としては儀式魔法手札に加えられる《魔神儀−キャンドール》《魔神儀−ブックストーン》の優先度が高い。

 このカード固有の利点としては植物族なので《ローンファイア・ブロッサム》《アロマセラフィ−ジャスミン》等で容易に(2)の効果発動できる点が挙げられる。
 更に闇属性であるため《悪夢再び》儀式モンスターと共にサルベージすることも可能。
 《にん人》自己再生させる際のコストにもできるため、儀式召喚するモンスターレベルを合わせたり(3)のデメリットを回避することもできる。

  • 名前の由来は「タリスマン(お守り)」と「マンドラゴラ」だろう。
    イラストでは、首に掛けたタリスマンがうるさいのか人型の植物が耳をふさいでいる。
    耳を劈く奇声を上げる、というのはマンドラゴラの方の特徴のはずなのだが。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《魔神儀−タリスマンドラ》 効果モンスター モンスター 星6 闇属性 植物族 攻0 守0 魔神儀

広告