魔装戦士(まそうせんし) ヴァンドラ/Ventdra, the Empowered Warrior》

効果モンスター
星5/風属性/戦士族/攻2000/守 800
(1):このカードは直接攻撃できる。
(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合、
自分の墓地のドラゴン族・戦士族・魔法使い族の通常モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 スターターデッキ(2014)で登場した風属性戦士族上級モンスター
 直接攻撃できる永続効果フィールドから墓地へ送られた場合に特定種族通常モンスターサルベージできる誘発効果を持つ。

 攻撃力戦士族上級モンスターの例に漏れず低いが、代わりに直接攻撃能力を持つ。
 特に適用の条件などもなく、一撃で初期ライフの4分の1を削る事ができる侮れない効果である。
 《不死武士》リリースに使え、《一族の結束》などの強化も有用。
 返しのターンが不安ならば豊富な戦士族サポートを使う事で、場持ちを補う事もできる。
 《ラピッド・ウォリアー》《E・HERO エアーマン》等の風属性戦士族《トランスターン》を使って出す手もある。
 《召魔装着》リクルート可能であり、ランク5のエクシーズ素材としても使える他、2300の戦闘ダメージを即座に与えられるのでフィニッシャーにもなりうる。
 戦士族故、《蛮族の狂宴LV5》蘇生し、(2)の効果も狙える。

 (2)の効果タイミングを逃すこともなく、自分カード墓地へ送られた場合も発動可能。
 手札に加えられるのが3種族通常モンスターのみだが、それらの種族はメジャーであり汎用性があるものも存在する。
 効果に対応する《チューン・ウォリアー》等のチューナーとともにシンクロ召喚の素材とすれば、即座にそのチューナーを回収できる。
 魔装戦士自体が《召魔装着》ペンデュラム召喚を扱えるためシンクロ召喚との相性は悪くなく、そちらに寄せた構築にするのも面白い。
 墓地に落ちた通常モンスターペンデュラムモンスターを回収して利用する手もある。
 このカード《戦士の生還》サルベージすれば、また展開できる。
 リンク素材になった場合でも効果を使用でき、通常モンスターを回収して展開に利用できる。
 星杯なら、通常モンスター2種類がサルベージできる。

 上級モンスターである事から、多くのデッキで採用できるわけではない。
 特殊召喚をしやすい構築にし、サポートする事によって真価を発揮するカードといえる。
 同じ直接攻撃の能力を持つ《マジック・ストライカー》は、このカードを出すためのリリースに使え、種族も共通するため相性がいい。

  • 名前の由来は、フランス語で「風」を意味する「ヴァン(vent)」+「ドラゴン」だろうか。

関連カード

―《魔装戦士 ヴァンドラ》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップ中に手札に加える効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(14/03/21)


Tag: 《魔装戦士 ヴァンドラ》 効果モンスター モンスター 星5 風属性 戦士族 攻2000 守800 魔装戦士

広告