魔導書院(まどうしょいん)ラメイソン/The Grand Spellbook Tower》

フィールド魔法
(1):自分フィールドまたは自分の墓地に魔法使い族モンスターが存在する場合、
自分スタンバイフェイズに発動できる。
自分の墓地から「魔導書院ラメイソン」以外の「魔導書」魔法カード1枚を選んでデッキの一番下に戻し、
自分はデッキから1枚ドローする。
(2):このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
自分の墓地の「魔導書」魔法カードの数以下のレベルを持つ
魔法使い族モンスター1体を手札・デッキから特殊召喚する。

 ABYSS RISINGで登場したフィールド魔法
 スタンバイフェイズ墓地魔導書デッキに戻した後にドローする効果と、自身が破壊された時に魔法使い族特殊召喚する効果を持つ。

 前半の効果発動条件墓地魔法使い族でも満たせるため条件は軽く、ほぼ毎ターン発動してアドバンテージを稼ぐことができる。
 しかし、発動してから次の自分ターンまで待たなければならないのが欠点となる。
 維持さえできれば毎ターンアドバンテージを稼げるが、その前に除去されたり自分が敗北したりしては無意味であり、活用するためには長期戦を意識した構築やプレイングが求められる。

 また《魔導戦士 フォルス》と同様に、魔導書デッキ戻す事ができるカードとしても見ることができる。
 墓地よりもデッキ内の魔導書が重要となる魔導書軸【魔力カウンター】【ヒュグロビート】においては、ドローも加わりメリットが多い。

 後半の効果は、このカード相手によって破壊された時に墓地魔導書の枚数のレベル以下の魔法使い族特殊召喚する効果
 破壊されたこのカード自身もカウントされるため、最低でもレベル1の魔法使い族特殊召喚でき、《闇のデッキ破壊ウイルス》手札から破壊されても特殊召喚効果発動できる。
 【魔導書】ではサーチに特化した構築により高速で墓地魔導書を送り込む場合が多く、《魔導教士 システィ》等の高レベルモンスター特殊召喚することも難しくない。

 しかし、発動条件相手依存であり、発動したい時に発動できないのが難点となる。
 また、墓地魔導書の枚数を減らす前半の効果とは噛み合わせが悪く、前半の効果を使用するほど後半の効果特殊召喚できる範囲が狭まることになる。
 あくまで相手破壊を渋らせる牽制効果であり、前半のドロー効果発動しやすくするための効果であると考えた方が良い。
 レベル魔法使い族チューナーを仕込み、シンクロ召喚を狙う手もないわけではない。

 いずれの効果墓地魔導書が鍵となるため、継続的に墓地魔導書を供給していく必要がある。
 魔導書の豊富なサーチを活かし、墓地魔導書を切らすことなく、かつ後半の効果による牽制のためにもできる限り多い枚数を維持していくことが重要となる。

  • カード名のモチーフは、タロットカードの大アルカナの一つであるカード番号16の「The Tower(塔)」のフランス語での呼び名「La Maison de Dieu(『神の家』という意味)」である。
    一般的な解釈における正位置では「崩壊、災害、悲劇」、逆位置では「緊迫、アクシデント、誤解」など、正位置・逆位置いずれの場合もネガティブな意味を持つ唯一のカードである。
  • 海馬(うみうま)コーポレーション 出張所」によると幅広い分野に優れた魔法使いを多く輩出する教育機関とのこと。
    この場所の「魔導書庫」に蓄積された英知が「魔導書」である。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:2つの効果は、どちらもチェーンブロックを作りますか?
A:はい、作ります。(12/07/25)

Q:『「魔導書」と名のついた魔法カード1枚をデッキの一番下に戻し』はコストですか?
A:効果処理です。戻すカード発動時に対象を取りません。(12/08/15)

Q:ダメージステップ中に特殊召喚する効果発動できますか?
A:はい、できます。(12/07/28)

Q:効果にチェーンして《強制脱出装置》を発動され、墓地フィールド魔法使い族モンスターが存在しなくなった場合、効果は適用されますか?
A:はい、適用されます。(13/02/14)

Q:このカード発動に対して《神の警告》発動する事ができますか?
A:いいえ、できません。(13/04/11)


Tag: 《魔導書院ラメイソン》 魔法 フィールド魔法 魔導書

広告