魔法名(まほうめい)−「大いなる獣(ト・メガ・セリオン)」/Omega Summon》

通常罠
(1):除外されている自分の「召喚獣」モンスターを任意の数だけ
対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

 ブースターSP−フュージョン・エンフォーサーズ−で登場した通常罠
 召喚獣を任意の数だけ帰還させる効果を持つ。

 最大で1:5交換が可能なカードだが、召喚獣はいずれも融合モンスターであり、蘇生制限を満たした上で除外する必要がある。
 融合召喚した召喚獣《召喚魔術》で別の召喚獣融合素材にすれば除外は楽にできるが、同じ属性召喚獣が出ることになり、同名カード制限に引っかかる。
 そのため、複数の属性召喚獣融合召喚できる構築にする必要がある。
 うまく通せば数としての見返りは大きいが、召喚獣7種全ての併用は困難なため、盤面全体通してのアドバンテージ獲得には難が残る。
 2種類以上の展開を狙わないならば《D・D・R》等の方が汎用性もあるため、このカードを使うならば最初から狙って流れを作れる構築を心掛けたい。

 《召喚魔術》融合素材として除外したものや、《召喚獣エリュシオン》効果除外したものを数体帰還させるのが最も現実的なところだろう。
 その他では《パラドックス・フュージョン》で相手の攻めを防ぎつつ、そのターン内にこちらで帰還し遅さを踏み倒せれば、大きく流れを掴むことができるだろう。
 帰還させるモンスター守備表示に限定されているため、総攻撃に転じられるよう相手エンドフェイズ発動が中心となる。
 多くの召喚獣攻撃力より守備力が高く、防御向きの効果も多いため、その点も活かしてにするのも有効。

 《召喚獣ライディーン》《簡易融合》で呼び出せるため特殊召喚しやすく、効果により防御も兼ねられるため相性が良い。
 同じことは《召喚獣カリギュラ》にも言えるのだが、こちらは返しのターンでの攻撃にも影響が出てしまうので帰還させた後の処理を用意する必要がある。
 《捕食植物ドラゴスタペリア》融合素材にはなるが、《召喚魔術》ではあちらのフィールド融合はできない。
 《召喚獣エリュシオン》融合素材にするのが現実的なところだろう。
 どうしても《捕食植物ドラゴスタペリア》を出したいなら、《融合》など、他の融合召喚手段を入れることになる。

  • 「魔法名」とは、魔術師が魔術社会の中で名乗る、あるいは魔術を行使する際に名乗る名前である。
    魔法名はその魔術師自身が「自分はどのような魔術師となるか」の宣誓として自ら選択し、その名に相応しい魔術師となる責務を負う。
    掲げた魔法名への魔術理解が充分に深まると、より高みへ新たな魔法名を名乗り、優れた魔術師ほど多くの魔法名を持つとされる。
    また、この魔法名の名乗りと更新を広く普及させたのがアレイスター・クロウリーの結社「銀の星」であるとも言われ、この結社では魔法名が階級の役割も担っていた。
  • 英語名は「オメガの召喚」となっている。
    Ω」はギリシャ文字で最後の文字のため、転じて「最後」・「究極」を意味するので「最高位の召喚」という意味を表しているのだろう。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《魔法名−「大いなる獣」》 通常罠

広告