魔竜星(まりゅうせい)−トウテツ/Taotie, Shadow of the Yang Zing》

効果モンスター
星5/闇属性/幻竜族/攻2200/守   0
「魔竜星−トウテツ」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
デッキから「魔竜星−トウテツ」以外の「竜星」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
(2):1ターンに1度、相手のメインフェイズ及びバトルフェイズに発動できる。
自分フィールドの「竜星」モンスターのみをS素材としてS召喚する。
(3):このカードをS素材としたSモンスターは、コントロールを変更できない。

 ネクスト・チャレンジャーズで登場した闇属性幻竜族上級モンスター
 リクルート相手ターンシンクロ召喚竜星共通効果2つに加え、シンクロ素材となった際シンクロモンスターコントロール奪取耐性を与える効果を持つ。

 メインデッキ竜星の中では最高の攻撃力を持ち、《エルシャドール・ミドラーシュ》相打ちになれる。
 ただし上級モンスターなので、基本的に他の竜星効果で出したい所である。
 ピン挿ししておき、アタッカーが必要な状況になったら自爆特攻から呼び出すのが基本となるだろう。
 基本的に手札から召喚することはないので、手札に来てしまった場合は《闇竜星−ジョクト》等の手札コストとして使うことになる。

 追加効果コントロール奪取への耐性
 採用率が高いものとしては《No.11 ビッグ・アイ》が挙げられるが、やや範囲の狭いメタである事は否めない。

 アタッカーとして、あるいはシンクロ召喚におけるレベル調整の幅を広げるカードとして【竜星】では独特の立ち位置にある。
 手札に来ると処理に困るため複数積みは推奨できないが、ピン挿しする価値は十分にある。

  • モデルは竜生九子の一体である「饕餮(とうてつ)」だろう。
    「饕」は財産を貪る、「餮」は食物を貪るの意であり、「何でも食べる猛獣」というイメージから転じて「魔を喰らう」という考えが生まれ、後代には魔除けの意味を持つようになった。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《魔竜星−トウテツ》 効果モンスター モンスター 星5 闇属性 幻竜族 攻2200 守0 竜星

広告