無限起動(むげんきどう)コロッサルマウンテン/Infinitrack Mountain Smasher》

エクシーズ・効果モンスター
ランク7/地属性/機械族/攻2100/守3100
レベル7モンスター×2
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
このカードの攻撃力は1000アップする。
(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
そのモンスターをこのカードの下に重ねてX素材とする。
(3):このカードが墓地に存在する場合、
自分フィールドの機械族リンクモンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを守備表示で特殊召喚する。

 デッキビルドパック インフィニティ・チェイサーズで登場した地属性機械族エクシーズモンスター
 自己強化する起動効果戦闘破壊したモンスターエクシーズ素材にする誘発効果機械族リンクモンスターリリースする事で自己再生できる起動効果を持つ。

 (1)は自己強化
 元々の攻撃力ランク7としては低いが、この効果で3000を超えるモンスター戦闘破壊できるようになり、(2)の効果に繋げやすくなる。
 永続的な強化のため維持さえできればステータスは上昇していく。
 とはいえ、耐性のないこのカードを維持するのは難しく、単に高攻撃力が欲しいならば《ダーク・アンセリオン・ドラゴン》という選択肢も存在する。
 《No.11 ビッグ・アイ》コントロール奪取したり、《幻獣機ドラゴサック》除去するなりと戦闘を介さず処理する方法もある。
 対象をとる効果耐性を持つモンスターに対しては優位点を取れるが、3000以下ならば他のランク7で相打ちまで持っていける。
 結果として対象をとる効果耐性を持つ攻撃力3000〜3100のモンスター戦闘破壊できるという点でしか利点がなく、この効果だけを目当てに採用するのは難しい。

 (2)(3)の効果については《無限起動リヴァーストーム》を参照。
 こちらは元々の攻撃力が低いため(3)の効果特殊召喚した後は(2)の効果に繋げにくい。
 《無限起動ゴライアス》エクシーズ素材にした場合、攻撃力2100で1度戦闘破壊しておかないと、耐性強化のどちらかを諦めることになってしまう。
 逆に守備表示特殊召喚される性質上、返しのターンは高い守備力効果による破壊耐性をもって迎えることができるのは、他の無限起動エクシーズモンスターよりも優れている。

 《無限起動リヴァーストーム》《超接地展開》《RUM−アストラル・フォース》を使うことで重ねて出せる。
 あちらが《無限起動ゴライアス》エクシーズ素材にしていればこのカードにも耐性を付与できるため、アタッカーとして機能する。
 維持がし易くなるため、(2)の効果によるエクシーズ素材の補充、(1)の効果による自己強化を繰り返し使いやすくなる。

 総じて単体性能では同ランクの他のモンスターより優先し難い性能である。
 《超接地展開》エクシーズ召喚する場合でも、単に攻撃力守備力が欲しいならば《CNo.6 先史遺産カオス・アトランタル》が存在する。
 そのため、無限起動に属する点や、(3)の効果と自身の高い守備力から《無限起動要塞メガトンゲイル》リンク素材にしやすい点を活かすと良い。

  • 「コロッサル(colossal)」は英語で「巨大な」を意味する。
    一方、デザインのモチーフは「ローディングショベル」だろう。
    バケット(ショベル)が前向きについているショベルカーであり、地表より高い位置の採掘能力に優れるため鉱山などで使用されている。
    なお、バケットが逆向きのものは「ドラグショベル」という。

関連カード

収録パック等


Tag: 《無限起動コロッサルマウンテン》 モンスター エクシーズモンスター 効果モンスター ランク7 地属性 機械族 攻2100 守3100 無限起動

広告