無情(むじょう)抹殺(まっさつ)/Ruthless Denial》

通常魔法
自分フィールド上に存在するモンスター1体を選択して発動する。
選択した自分のモンスターを墓地へ送り、
相手の手札をランダムに1枚墓地へ送る。

 デュエリストパック−ヘルカイザー編−で登場した通常魔法
 自分フィールド上のモンスター墓地へ送ると同時に、相手手札ランダム墓地へ送る効果を持つ。

 手札破壊とは、基本的にカード・アドバンテージを重視するデッキで行う行動である。
 《マインドクラッシュ》をはじめ、多くのハンデスカード1:1交換であり、「自分のカード1枚を使い、相手の有用なカード1枚を落とす」のが基本運用となる。
 ところがこのカード墓地へ送るモンスターとこのカードの2枚を消費するため、発動するとカード・アドバンテージで損をする事になる。
 おまけに墓地へ送る相手手札ランダムなため、有用なカードを落とせるかすら定かではない。
 ディスアドバンテージになる手札破壊カードという概念自体が矛盾しており、極めて使いづらいカードと言わざるを得ない。

 なお、自分フィールド上のモンスター墓地へ送るのはコストではなく効果である。
 そしてこの効果墓地へ送る処理とハンデスの処理は、一連の効果ではなく同時に処理する効果である。
 そのため、《クロス・ポーター》等の墓地へ送られた時に発動する任意効果タイミングを逃す事なく使用できる。
 シャドールならば墓地へ送られた効果発動しつつハンデスを行えるため相性が良い。

  • カード名からは残忍なイラストを想像してしまうが、実際は何故か「ローラースケートを履いたアメリカンフットボール」という架空の競技のイラストである。
    さすがに、カード名通りの残虐表現にするのは不味かったのだろう。
    • 映画「ローラーボール」には似たような競技が登場する。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:墓地へ送る自分モンスターを選択するタイミングはいつになりますか?
A:対象を取る効果で発動時に選択します。(10/06/18)

Q:自分モンスター墓地へ送るのはコストですか?
A:効果処理時なので効果にあたります。

Q:墓地へ送るのとハンデスは同時ですか?
A:はい、同時です。(10/07/21)

Q:《マクロコスモス》が存在する時に対象に選択したモンスター墓地へ送られずに除外されました。
  手札墓地へ送る効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(10/06/19)

Q:モンスタートークン対象にして発動することは可能ですか?
A:モンスタートークン墓地へ送る処理はできますが、墓地へ送られず消滅しますので手札墓地へ送る効果適用されません。(08/11/09)

Q:ペンデュラムモンスター対象にして発動することは可能ですか?
A:ペンデュラムモンスター対象にする事は可能ですが、そのモンスターエクストラデッキに加わり墓地へ送る処理はできませんので、手札墓地へ送る効果適用されません。(14/10/01)

Q:罠モンスター対象にして発動することは可能ですか?
A:問題なく処理を行います。(08/11/09)

Q:効果処理時相手手札が0枚になった場合も自分モンスター墓地に送りますか?
A:はい、その場合でも墓地に送ります。(10/06/18)


Tag: 《無情の抹殺》 魔法 通常魔法

広告