無情(むじょう)抹殺(まっさつ)/Ruthless Denial》

通常魔法
自分フィールド上に存在するモンスター1体を選択して発動する。
選択した自分のモンスターを墓地へ送り、
相手の手札をランダムに1枚墓地へ送る。

 デュエリストパック−ヘルカイザー編−で登場した通常魔法
 自分フィールド上のモンスター墓地へ送ると同時に、相手手札ランダム墓地へ送る効果を持つ。

 ハンデスは「墓地へ送る」であるため暗黒界魔轟神効果発動させず、2:1交換となる発動条件も他のカードで軽減しやすい。
 たとえばフィールド上から墓地へ送られた時に誘発効果発動するモンスターや、コントロール奪取カードを使うと良い。
 前者は《ダンディライオン》《暗黒プテラ》、後者は《精神操作》が代表格となる。
 《黄泉ガエル》等の自己再生モンスターや、《リミッター解除》効果自壊するモンスターも使える。
 コスト墓地へ送ることができないペンデュラムモンスターも選択することが可能だが、下記FAQにあるようにハンデスはできない。

 自分フィールド上のモンスター墓地へ送るのはコストではなく効果である。
 そしてこの効果墓地へ送る処理とハンデスの処理は、一連の効果ではなく同時に処理する効果である。
 そのため、《クロス・ポーター》等の墓地へ送られた時に発動する任意効果タイミングを逃す事なく使用できる。
 シャドールならば墓地へ送られた効果発動しつつハンデスを行えるため相性が良い。

 また、【コンタクト融合】では上記の使い方以外でも自発的にフィールドを空ける事で《コンバート・コンタクト》《ヒーローアライブ》発動を補助する事もできる。
 ネオスペーシアン《終末の騎士》《マスマティシャン》を介して《クロス・ポーター》サーチする事も多いので発動機会は少なくない。

 相性の良いカードリリース確保にも有用な点に注目し、《炎帝テスタロス》《地獄将軍・メフィスト》等の上級モンスターを軸としたハンデスデッキを作るのも面白い。
 《サウザンドエナジー》《トライアングルパワー》デメリット重複の関係で、【ローレベル】ハンデスパーツとして使う手もある。

  • カード名からは残忍なイラストを想像してしまうが、実際は何故かアメフト(あるいは映画のローラーボールか)のイラストである。
    さすがに、カード名通りの残虐表現にするのは不味かったのだろう。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:墓地へ送る自分モンスターを選択するタイミングはいつになりますか?
A:対象を取る効果で発動時に選択します。(10/06/18)

Q:自分モンスター墓地へ送るのはコストですか?
A:効果解決時なので効果にあたります。

Q:墓地へ送るのとハンデスは同時ですか?
A:はい、同時です。(10/07/21)

Q:《マクロコスモス》が存在する時に対象に選択したモンスター墓地へ送られずに除外されました。
  手札墓地へ送る効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(10/06/19)

Q:モンスタートークン対象にして発動することは可能ですか?
A:モンスタートークン墓地へ送る処理はできますが、墓地へ送られず消滅しますので手札墓地へ送る効果適用されません。(08/11/09)

Q:ペンデュラムモンスター対象にして発動することは可能ですか?
A:ペンデュラムモンスター対象にする事は可能ですが、そのモンスターエクストラデッキに加わり墓地へ送る処理はできませんので、手札墓地へ送る効果適用されません。(14/10/01)

Q:罠モンスター対象にして発動することは可能ですか?
A:問題なく処理を行います。(08/11/09)

Q:効果解決時相手手札が0枚になった場合も自分モンスター墓地に送りますか?
A:はい、その場合でも墓地に送ります。(10/06/18)


Tag: 《無情の抹殺》 魔法 通常魔法

広告