無頼特急(ぶらいとっきゅう)バトレイン/Ruffian Railcar》

効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻1800/守1000
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に発動できる。
相手ライフに500ポイントダメージを与える。
この効果を発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。
また、このカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズ時に発動できる。
デッキから機械族・地属性・レベル10のモンスター1体を手札に加える。
「無頼特急バトレイン」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。

 「遊戯王ZEXAL 激突!デュエルカーニバル!」攻略本 付属カードで登場した地属性機械族下級モンスター
 バトルフェイズを放棄する代わりに相手に500ポイントのダメージを与える起動効果墓地へ送られたターンエンドフェイズレベル10の地属性機械族モンスターサーチする墓地発動誘発効果を持つ。

 1つ目の効果は微弱なバーン効果
 類似効果を持つ《ヴォルカニック・エッジ》ダメージが同じにも関わらず、デメリットバトルフェイズそのものの放棄とより重くなっており、全く割に合わない。
 先攻ターン目や《転回操車》リクルート効果を使用したターンであれば気兼ねなく使えるので、それ以外の場合は無視するのが基本になるだろう。

 2つ目の効果レベル10の地属性機械族モンスターサーチする効果
 エンドフェイズ発動するため、即効性には欠けるものの、発動条件墓地へ送られたのみと緩い。
 《奈落の落とし穴》には弱いが、《激流葬》《神の警告》を食らってもサーチできるのは優秀。
 エクシーズ素材から墓地へ送られた場合はもちろん、手札コストからでも発動できるため、《転回操車》とは抜群の相性を誇る。

 サーチ先の幅は狭いが、自身の効果特殊召喚できる《除雪機関車ハッスル・ラッセル》《重機貨列車デリックレーン》妥協召喚できる《深夜急行騎士ナイト・エクスプレス・ナイト》と、【列車】の主力モンスターほとんどに対応する。
 《除雪機関車ハッスル・ラッセル》相手ターンに展開できるため、自分ターンサーチしても相手ターンに無防備をさらさずにすむのはありがたい。

 【機械族】ではランク10のエクシーズ召喚を狙う場合だけでなく、《スキルドレイン》《マシンナーズ・フォートレス》との相性も良い。
 後者が手札にある状態ならこのカードと自身を墓地に送って特殊召喚する事で、同時に自己再生分の機械族を確保できるようになる。

 《スクラップ・リサイクラー》とも中々に相性が良く、あちらの効果でこのカード墓地へ送ることでサーチを能動的に行える。
 また、墓地にこのカードが溜まって《転回操車》リクルート対象デッキに無くなった場合でも《スクラップ・リサイクラー》の2つ目の効果でこのカードデッキに戻すことで弾切れを防ぐこともできる。
 ただし、サーチ効果エンドフェイズ時にこのカード墓地にないと使えないので、墓地へ送ってすぐにデッキに戻した場合にはサーチ不可能。

  • 元々カードの性能としては悪くなかったのだが、サーチ先が少ない事から登場時点ではそこまで高い評価を得ていなかった。
    後にサーチ先が増えたことと、関連カードが出たことでこのカードを使うデッキが強化されたことにより評価は上昇する。
    しかし現状では攻略本付属カードでしか収録されていないため、市場価格が若干高いのが難点である。
    一方で、英語版のThe New Challengersでは、なんとノーマルで収録されている。
  • 元ネタは、「銀河疾風サスライガー」に登場する、機関車から人型ロボットへ変形する主役メカ「サスライガー」だろう。
    玩具化の際、メーカーの都合により「バトレインC-3」として販売されていた。
    無頼は同作品シリーズ(J9シリーズ)「銀河旋風ブライガー」からだろう。
    その「銀河旋風ブライガー」を元ネタとした《ブライ・シンクロン》カード化した際、著作権等を考慮してかカラーリングやポーズが変更されたが、こちらはアニメで出た段階でカラーリングを元ネタの緑から赤へと変更している。
    また、袋とじの記載の一部で「銀河旋風ブライガー」の予告で決まり文句である「お呼びとあらば即参上」が使われている。

関連カード

―《無頼特急バトレイン》の姿が見られるカード

―サーチできるカード一覧は《転回操車》参照

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカード墓地へ送られたターンエンドフェイズ時にこのカード墓地に存在しない場合、自身の効果発動する事ができますか?
A:いいえ、できません。(13/12/05)


Tag: 《無頼特急バトレイン》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 機械族 攻1800 守1000

広告