紋章獣(もんしょうじゅう)ツインヘッド・イーグル/Heraldic Beast Twin-Headed Eagle》

効果モンスター
星4/風属性/鳥獣族/攻1200/守1400
墓地のこのカードをゲームから除外し、
自分フィールド上のエクシーズ素材の無いエクシーズモンスター1体と、
自分の墓地の「紋章獣」と名のついたモンスター2体を選択して発動できる。
選択した墓地のモンスターを、
選択したエクシーズモンスターの下に重ねてエクシーズ素材とする。
「紋章獣ツインヘッド・イーグル」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

 COSMO BLAZERで登場した風属性鳥獣族下級モンスター
 墓地紋章獣2体をエクシーズ素材としてエクシーズモンスターに補充する起動効果を持つ。

 エクシーズモンスターエクシーズ素材を使い切る前に除去される場合も多く、蘇生帰還させた場合以外ではあまり発動する機会がない。
 このため、このカード効果を使うのは、効果1ターンに1度の制約がないもの、もしくは効果発動する際にエクシーズ召喚に使ったエクシーズ素材を全て使い切れるエクシーズモンスターとなる。
 汎用性の高い《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》はどちらにも当てはまる。
 この他、エクシーズ素材の消費数が多く、それによって生き長らえる可能性のある《No.106 巨岩掌ジャイアント・ハンド》《No.101 S・H・Ark Knight》とも相性が良い。
 後者はエクシーズ素材を自力で補充できるものの、耐性で返しを生存した場合や《エフェクト・ヴェーラー》を受けた場合から動かせる。
 《連鎖召喚》特殊召喚したエクシーズモンスターに素材を付与するのも有効で、《No.100 ヌメロン・ドラゴン》を出し、効果を使えば高攻撃力を得られることも有る。
 《紋章獣レオ》墓地からエクシーズ素材にすればアドバンテージを獲得できる。

 しかしこのカードを含めて墓地紋章獣が3体と条件が厳しく、安定した発動は困難。
 一時的とはいえ墓地リソースを大幅に失うので、《高等紋章術》《紋章獣アバコーンウェイ》などを連続して使いにくい。
 ある程度状況が整っているのならば、わざわざ手間をかけるよりは、2体目をエクシーズ召喚したほうが良い場合も少なくない。

 無理に発動は狙わず、普段はコストに使用して流動的に機会を伺うほうがよい。

 《紋章獣アバコーンウェイ》《紋章獣ベルナーズ・ファルコン》を優先的にサーチしたいので頻繁に狙えるわけではないが、ピン挿しでも動かせるので一考の余地はある。
 また鳥獣族紋章獣の総数が増えるので《零鳥獣シルフィーネ》エクシーズ召喚しやすくもなる。
 特化するならば《風の精霊 ガルーダ》を追加してみるのも面白い。

  • モチーフは「双頭の鷲」だろう。
    紋章に描かれる動物の代表格であり、紀元前から使用されている事が確認できる由緒あるシンボルである。
    現在でもドイツやロシアなどの国章をはじめ幅広く用いられている。
    • 確認できる最古の「双頭の鷲」はニンギルスに関するものである。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果処理時対象に選択したエクシーズモンスター裏側表示になった場合、重ねる効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(12/11/17)

Q:効果処理時対象に選択した紋章獣が1体でも墓地を離れた場合、重ねる効果適用されますか?
A:はい、適用され残りの1体はエクシーズ素材になります。(12/11/18)


Tag: 《紋章獣ツインヘッド・イーグル》 効果モンスター モンスター 星4 風属性 鳥獣族 攻1200 守1400 紋章獣

広告