予言僧(よげんそう) チョウレン/Chow Len the Prophet》

効果モンスター
星4/炎属性/魔法使い族/攻1800/守 200
1ターンに1度、カードの種類(魔法・罠)を1つ宣言し、
相手の魔法&罠カードゾーンにセットされているカード1枚を選択して発動できる。
選択したカードを確認し、宣言した種類のカードだった場合、
このターン選択したカードは発動できない。

 ORDER OF CHAOSで登場した炎属性魔法使い族下級モンスター
 セットカードピーピングと、宣言したカードの種類だった場合にそのターン内のみ発動を封じる起動効果を持つ。

 魔法&罠ゾーンセットされたカードの種類を当てれば、そのカード発動できなくなる。
 しかしフリーチェーンカード発動を封じられたくない場合はチェーンしてしまう事も多く、そこまで抑止は期待できない。
 《ツインツイスター》《エクシーズ・ユニバース》《串刺しの落とし穴》等の発動に条件があるカードを封じられればラッキーと考えて使いたい。

 ただ、そのターン内のみ発動を封じるならば《魔導戦士 ブレイカー》等で単純に破壊した方が早い場合が多く、似たような効果には召喚時に《奈落の落とし穴》等を回避できる《久遠の魔術師ミラ》もいる。
 このカードの価値は、守備力200の炎属性であり、《真炎の爆発》等のサポートカードを使用できる点にある。
 守備力200の下級炎属性では《フレムベル・ヘルドッグ》に次ぐ攻撃力を持ち、【フレムベル】(【チョウレンビート】)では主力の1体となる。
 レベル3のチューナーと共に蘇生すれば、このカードの効果セットカードを封印し、そのまま《アーカナイト・マジシャン》に繋げ、安全に場を空けることができる。
 しかし、セットカード確認発動封じを最も行いたいのは《真炎の爆発》発動前であり、今一つ噛み合っていない。
 同じ炎属性守備力200の《稲荷火》特殊召喚条件も満たしており、ランク4のエクシーズモンスターに繋げやすい。

  • モデルは、仏教・日蓮宗を開いた鎌倉時代の僧「日蓮」だと思われる。
    カード名の由来は出家した際の名である「是生房蓮長(ぜしょうぼうれんちょう)」からだろう。
    ここでいう「予言」とは、おそらく日蓮が時の執権・北条時頼に献上した「立正安国論」において蒙古襲来(元寇)を予言した有名な一節から来ていると思われる。
    残念ながら当時、時頼は彼の献上を不服とし処罰している。
    しかし文永の役の際には意見を求めた幕府に対し「再度の来襲は必定である」と弘安の役を予言、彼の直筆文章そのものも現存する。

関連カード

―命名法則の似たモンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《予言僧 チョウレン》 効果モンスター モンスター 星4 炎属性 魔法使い族 攻1800 守200

広告