雷帝神(スサノオ)/Susa Soldier》

スピリットモンスター
星4/地属性/雷族/攻2000/守1600
このカードは特殊召喚できない。
召喚・リバースしたターンのエンドフェイズ時に持ち主の手札に戻る。
このカードが相手ライフに与える戦闘ダメージは半分になる。

 Mythological Age −蘇りし魂−で登場した地属性雷族下級スピリットモンスター
 スピリットモンスター共通の召喚ルール効果誘発効果と、相手に与える戦闘ダメージが半減する永続効果を持つ。

 高い攻撃力を持ち、手札に戻るため《サイバー・ドラゴン》《魔導ギガサイバー》等の特殊召喚も妨害しない。
 しかし同じくスピリットモンスターである《夜叉》と比較すると、攻撃反応型の罠カード戦闘補助の干渉を受けやすく、デメリットによりライフ・アドバンテージも稼ぎにくい。
 《阿修羅》のように、特定のカードに対して有効な訳でもない。
 加えて属性種族サポートカードが乏しいものであり、この点で優位化・差異化するのも難しい。

 攻撃力1900のアタッカーラインを軒並み抑えられる点は優秀だが、これらに対してはフィールドを空けて直接攻撃を受けやすくするより、居座り続けるほうが負担を掛けやすい。
 【E・HEROビート】などの該当デッキ《地砕き》などのプレイヤーターンに用いられる除去よりも相手ターンに利用する除去が好まれやすく、スピリットモンスターの性質そのものが活かし難い。
 《サイバー・ドラゴン》等の展開は許すものの、除去に対してはこのカードより強く、効果発動後は同じく1900ラインを突破できる《ヴェルズ・サンダーバード》も存在している。

 【スピリット】において1900ラインを意識するならば採用の余地もあるが、このデッキでは《サイバー・ドラゴン》等が展開しやすいという性質も考慮する必要がある。

  • モデルは、日本において記紀・風土記などに見える英雄神「スサノオ」。
    正しくは「須佐之男命」か「素戔嗚尊」と表記する。
    天照大御神(アマテラスオオミカミ)」とツクヨミの弟であり、物語の中核を担う三貴神の一柱。
    暴風雨や荒れ狂う海原を神格化した神とされる。
    その凶暴さ故に神々の住む「高天原(たかあまのはら)」を追放され、出雲(現在の島根県)に下ったとされる。
    その後に、有名なヤマタノオロチ退治をし、助けた「櫛名田比売(クシナダヒメ)」と結婚して宮を営んだ。
  • 英語名は、直訳すると「スサの戦士」。
    一見よく分からない言葉だが、元々「スサノオ」とは「すさ(気性の荒い、猛り狂う。凄まじいと同義)の男神」という意味であるという説もある。
    「古事記」の名前である建速須佐之男命の建は武、速は強の意であり、つまり武に長ずる戦神であることを表すため、戦士(Soldier)と訳すことはあながち間違いとは言えない。
  • その手に持っているのは、天皇家伝来の三種の神器の一つ草薙剣と思われる。
    後にOCGで登場した《草薙剣》のデザインも、類似している。
    なお、実際須佐之男命が使用していた武器は天羽々斬(あめのはばきり)である。
    草薙剣に関しては「自分が使うには畏れ多い、手に余る剣だから」という理由で天に献上し、使用自体はしていない。
    もっとも、《ラストバトル!》のような独自の関係を築いているスピリット達にはあまり関係のないことかもしれない。

関連カード

―名前関連

収録パック等


Tag: 《雷帝神》 モンスター スピリットモンスター 効果モンスター 星4 地属性 雷族 攻2000 守1600 特殊召喚不可

広告