落消(おちけ)しのパズロミノ》

リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/魔法使い族/攻1300
【リンクマーカー:右/下】
レベルが異なるモンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、
このカードのリンク先にモンスターが表側表示で特殊召喚された場合、
1〜8までの任意のレベルを宣言して発動できる。
そのモンスターはターン終了時まで宣言したレベルになる。
(2):自分と相手のフィールドから、
同じレベルのモンスターを1体ずつ対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。

 DARK NEOSTORMで登場した光属性魔法使い族リンクモンスター
 自身のリンク先特殊召喚されたモンスターレベルを変更する誘発効果お互いフィールドの同じレベルモンスターを1体ずつ破壊する起動効果を持つ。

 リンク素材レベルの異なるモンスターを指定しており、エクシーズモンスターリンクモンスター以外なら大抵なんでも素材にできる。

 (1)はリンク先特殊召喚されたモンスターレベルを変更する効果
 シンクロ召喚の補助として使える他、《ガガガマジシャン》と同様にレベルを参照するカードとのコンボを狙える。
 エクシーズ召喚の補助にもなりそうだが、一種類のランクしか使わない場合はこのカード自体のリンク素材を揃えにくく、はじめからエクシーズ召喚を狙った方がよいなどの理由から相性が悪い。
 異なるランクを併用する場合のサポートとするのが良いだろう。

 リンク先《ジャンク・ウォリアー》シンクロ召喚し、あちらの効果チェーンしてこの効果を使いレベル2以下にすれば、《ジャンク・ウォリアー》攻撃力を倍にできる。
 《ジャンク・ウォリアー》に必須の《ジャンク・シンクロン》は1枚でこちらのリンク素材を揃えることもできるため、併用もしやすい。

 (2)は自分相手の同じレベルモンスター1体ずつを破壊する効果
 (1)の効果レベルを変動させ、それを対象にすることでレベル8以下なら除去できる。
 もっとも、レベルを持たないモンスターも少なくないので、確実性は薄い。
 レベル8以下の壊獣を併用したり、破壊された場合の効果を持つモンスター破壊するといった手段を用いたい。

 緩い素材で出せる魔法使い族なので《ワンダー・ワンド》などのドローにも利用できる。

  • モチーフはいわゆる「落ち物パズル(落下してくる物を規則に従い並べて消すパズル系テレビゲームのジャンル)」、特に後述の要素を踏まえると「テトリス」だろう。
    • 「パズロミノ」は「パズル」+「ポリオミノ (polyomino) 」か。
      ポリオミノとは正方形を組み合わせた多角形、およびそれを指定の形にうまく並べる遊びを意味する。
      その要素はこのモンスターの持つアイテムが正方形の組み合わせからなる形状をしている点からうかがうことができる。
      正方形の数によって名前が変わり、2つならドミノ、4つならテトロミノという。
      落下してくるテトロミノを並べ、隙間なく並んだ段を消すことを繰り返すゲームがパズル系テレビゲームの古典の一つ「テトリス」である。
      テトリスにおいてはテトロミノは「テトリミノ」と呼ばれている。
  • イラストの杖の持ち手部分は、テトリスにおけるIテトリミノ、Zテトリミノ、Tテトリミノ2つを組み合わせたものになっている。
  • 一方、効果は『ぷよぷよ』などに代表される「同じ種類のブロックを並べて消すルール」のパズルゲームをモチーフにしていると思われる。
    お互いのモンスターレベルをブロックの種類に見立て、それらを揃えて同時に消すというデザインなのだろう。

関連カード

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:《落消しのパズロミノ》が既にモンスターゾーンに存在する状態で、《ソウル・チャージ》などによって、この《落消しのパズロミノ》のリンク先を含む複数のモンスター表側表示特殊召喚された場合、効果発動できますか?
A:ご質問の状況であっても、レベルを持ったモンスターリンク先特殊召喚されたのであれば、《落消しのパズロミノ》の効果発動することはできます。
  この場合、《落消しのパズロミノ》のリンク先特殊召喚されたモンスター1体にのみ、『そのモンスターターン終了時まで宣言したレベルになる』効果適用されます。(19/01/17)


Tag: 《落消しのパズロミノ》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 光属性 魔法使い族 攻1300

広告