龍の鏡(ドラゴンズ・ミラー)/Dragon's Mirror》

通常魔法
(1):自分のフィールド・墓地から、
ドラゴン族の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを除外し、
その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。

 CYBERNETIC REVOLUTIONで登場した通常魔法
 フィールドまたは墓地モンスター除外し、ドラゴン族融合モンスター融合召喚する効果を持つ。

 墓地カード融合素材にできるので、融合召喚ディスアドバンテージを大幅に軽減できる。
 《竜の霊廟》《竜の渓谷》などドラゴン族専用の墓地肥やしカードを併用し、墓地融合素材を送り込むと良い。
 融合素材代用モンスターも問題なく使用できる。
 モンスター除外されることを生かして帰還カードと組み合わせたり、《エクリプス・ワイバーン》効果を能動的に発動させることも可能である。

 ただ、純粋な【ドラゴン族】ではこのカード融合召喚したいカードがやや乏しい。
 《F・G・D》攻撃力は魅力ではあるが、墓地ドラゴン族を5体消費するため重く《F・G・D》のためだけに投入すると手札事故を招く。
 どちらかと言えば《天翔の竜騎士ガイア》《究極竜騎士》《青眼の究極竜》《メテオ・ブラック・ドラゴン》などのドラゴン族以外を融合素材とする各種デッキカテゴリを扱うデッキで、手札消費を少なくして展開したい場合に利用される。

 融合召喚されるモンスタードラゴン族限定だが、融合素材種族は問わないので、メインデッキドラゴン族が少ない、あるいは全くないデッキでも使用できる。
 特に、通常モンスター2体という非常に緩い融合素材でありながら、対モンスターにおいては滅法強い《始祖竜ワイアーム》は幅広いデッキ融合召喚を狙える。
 それ以外にも、融合素材アンデット族2体の《冥界龍 ドラゴネクロ》デュアル2枚の《超合魔獣ラプテノス》なども融合召喚しやすい。
 【ブラック・マジシャン】において《呪符竜》《竜騎士ブラック・マジシャン・ガール》を出すためにも使用できる。

 当然ながら墓地アドバンテージを消費するので、乱発すると自分の首を絞めかねない点には気を付けたい。
 また、《マクロコスモス》などの全体除外《王宮の鉄壁》による除外封じなど、通常の《融合》よりメタに弱いのも欠点である。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカードの効果対象を指定する効果ですか?
A:いいえ。対象を指定しない効果です。(05/05/26)

Q:このカードの効果モンスターゲームから除外するタイミングはいつですか?
A:効果解決時にです。(05/05/26)
  つまり、発動無効にされた場合除外は行いません。

Q:このカードの効果効果解決時フィールド上・墓地の両方からモンスター除外する事ができますか?
A:はい。除外する事ができます。(05/05/26)

Q:融合素材代用モンスターを使用する事ができますか?
A:はい。使用する事ができます。
  ただし《F・G・D》召喚する際はモンスタードラゴン族ではない場合、ドラゴン族の代わりとしての使用はできません。


Tag: 《龍の鏡》 魔法 通常魔法

広告