(うるわし)魔妖(まやかし)妖狐(ようこ)/Yoko, the Graceful Mayakashi》

シンクロ・効果モンスター
星9/炎属性/アンデット族/攻2900/守2400
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):「麗の魔妖−妖狐」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):このカードが墓地に存在し、
元々のレベルが11の自分のSモンスターが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
自分の墓地から他のアンデット族モンスター1体を除外し、このカードを特殊召喚する。
(3):このカードが墓地からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。
相手フィールドのモンスター1体を選んで破壊する。

 デッキビルドパック ヒドゥン・サモナーズで登場した炎属性アンデット族シンクロモンスター
 同名カードの存在を制限するルール効果、元々のレベルが11のシンクロモンスター破壊された場合に墓地アンデット族1体を除外して自己再生する誘発効果蘇生した場合に相手モンスター1体を破壊する誘発効果を持つ。

 《麗の魔妖−妲姫》を用いた連続シンクロ召喚により、《麗の魔妖−妲姫》《翼の魔妖−天狗》シンクロ召喚を狙える。
 素材に制限はないため、他のモンスターの組み合わせでもシンクロ召喚自体はできるが、墓地に置いてから蘇生すること前提なので使い勝手は他のモンスターに劣る。
 積極的な蘇生を狙える【アンデット族】【魔妖】などでの運用が基本となる。

 自己再生の条件はレベル11のシンクロモンスター破壊された場合。
 そもそもレベル11は数が少ないため、《麗の魔妖−妲姫》による展開パターンでこのカード《麗の魔妖−妲姫》シンクロ素材《骸の魔妖−餓者髑髏》シンクロ召喚し、その破壊トリガーとすることになる。

 蘇生した場合の効果相手モンスター1体の破壊
 対象をとらない効果のためチェーンでの回避が難しく、アドバンテージを得やすい。
 自身の自己再生以外でもよいため、罠カード等で相手ターン除去を使うこともできる。
 自己再生の条件も相手ターンに決めやすいため、牽制となるだろう。

関連カード

―元々のレベルが11のシンクロモンスターシンクロモンスターのリストを参照。

―《麗の魔妖−妖狐》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《麗の魔妖−妖狐》 モンスター シンクロモンスター 効果モンスター 星9 炎属性 アンデット族 攻2900 守2400 魔妖

広告