煉獄(れんごく)消華(しょうか)/Void Vanishment》

永続魔法
「煉獄の消華」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札を1枚捨ててこの効果を発動できる。
デッキから「煉獄の消華」以外の「煉獄」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
このターン、自分は「インフェルノイド」モンスター以外のモンスターを召喚・特殊召喚できない。
(2):自分の「インフェルノイド」モンスターが相手モンスターと戦闘を行ったダメージ計算後に、
魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードを墓地へ送って発動できる。
その戦闘を行ったお互いのモンスターを除外する。

 クロスオーバー・ソウルズで登場した永続魔法
 手札捨てる事で煉獄魔法・罠カードサーチする効果自分インフェルノイドモンスター戦闘を行ったダメージ計算後戦闘を行ったお互いのモンスター除外できる効果を持つ。

 (1)の効果には手札コストこそ必要だが、煉獄魔法・罠カードであれば自身を除き何でもサーチできる。
 コストインフェルノイドを使えば墓地除外蘇生につなげられるので、損失は気にならない。
 魔法カード故に、手札からすぐに発動できるのが強みである。
 ただし、デメリットによりインフェルノイド以外の召喚特殊召喚が封じられるため、他のモンスターは使いにくくなる。
 インフェルノイドの展開をサポートするものや、インフェルノイドに強固な耐性を付与できる《煉獄の死徒》を優先してサーチしたい。

 また、変わったところではインフェルノイドサポート以外の煉獄カードも対象のため、こちらをサーチするのも良いだろう。
 《煉獄の落とし穴》なら、相手の展開をいくらか躊躇わせることもできる。
 《無の煉獄》上級インフェルノイドならば、墓地からも特殊召喚ができるので、デメリットも他のデッキほど痛くはないため、状況次第では使えなくもない。

 (2)の効果戦闘を行ったモンスター同士をダメージ計算後に除外できる。
 下級インフェルノイドは使いやすい効果を持つが、ステータスはあまり高くないため、この効果は中々に有用である。
 しかし、効果を使用するためにこのカード墓地へ送る必要があるため、使いどころの吟味が必要である。
 《煉獄の氾爛》発動しておき、上級インフェルノイド下級インフェルノイドを展開、下級インフェルノイド効果を継続的に使うために相手攻撃を牽制させる使用が望ましいといえる。

 また、この効果自分自爆特攻によっても問題なく発動できるため、一応覚えておきたい。

  • 「昇華」とは、固体が液体を経ずに直接気体になることや、それの逆のことをいう。
    心理学用語では防衛機制の一つであり、実現不可能な欲求から別の角度で社会に認められる目標に目を向け、その実現によって自己実現を図ろうとすることである。
    このカードは「昇華」ではなく「華」なので、同じ読みの「消火」を掛けているのだろう。
    事実、インフェルノイドの放つ炎と思われるものは、イラストにはまったく見受けられない。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:(1)の効果によって、デッキから《煉獄の落とし穴》《無の煉獄》手札に加えられますか?
A:できます。(15/02/13)

Q:インフェルノイド以外のモンスター自分召喚特殊召喚しているターンに、(1)の効果発動する事はできますか?
A:できます。
  (1)の効果適用後、このターンにはインフェルノイド以外のモンスター召喚特殊召喚できなくなります。(15/02/13)

Q:(1)の効果の発動チェーンして《サイクロン》発動し、自身が破壊された場合、処理はどうなりますか?
A:処理は適用されません。(15/02/13)

Q:(1)の効果適用後に《サイクロン》発動し、自身が破壊された場合、インフェルノイド以外のモンスター召喚特殊召喚できるようになりますか?
A:(1)の効果適用後に、自身が破壊された場合でも、(1)の効果適用されたままです。(15/02/13)

Q:(1)の効果の発動チェーンして《手違い》発動した場合、効果処理はどうなりますか?
A:デッキから煉獄魔法・罠カード手札に加える事はできません。
  その場合でも、(1)の処理は適用される事になります。(15/02/13)


Tag: 《煉獄の消華》 魔法 永続魔法 煉獄

広告