熾天蝶(セラフィム・パピヨン)

リンク・効果モンスター
リンク3/風属性/昆虫族/攻2100
【リンクマーカー:上/左下/右下】
カード名が異なるモンスター2体以上
このカード名の(1)(3)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動する。
このカードのリンク素材とした昆虫族モンスターの数だけこのカードにカウンターを置く。
(2):このカードの攻撃力は、このカードのカウンターの数×200アップする。
(3):このカードのカウンターを1つ取り除いて発動できる。
自分の墓地からレベル4以下の昆虫族モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 CHAOS IMPACTで登場した風属性昆虫族リンクモンスター
 自身にカウンターを置く誘発効果カウンターの数だけ自己強化する永続効果カウンターを取り除くことで昆虫族蘇生する誘発即時効果を持つ。

 3つの効果は連動しており、(2)(3)は(1)によるカウンターが必要なので、実質的にリンク素材にはカウンターを置くための昆虫族が必須となる。
 汎用的な出し方で消費を抑える方法としては「《水晶機巧−ハリファイバー》から昆虫族チューナーリクルートする」等の手がある。

 【昆虫族】では3体の昆虫族で出すことも容易であり、その場合は攻撃力2700とリンク3としては高い数値を出せる。
 しかし昆虫族で3体のモンスターを並べられるならば、《甲虫装機 ピコファレーナ》を経由し、残った1体に《ゴキポール》《共振虫》装備させてからこのカードに繋いだほうが有効な場面も多いだろう。
 《G・ボールパーク》ならば3体の昆虫族を並べ、うち2体をリンク2のリンクモンスターにする事で上記の展開が可能。
 《B・F−早撃ちのアルバレスト》《B・F−毒針のニードル》蘇生し、《B・F−必中のピン》《B・F−連撃のツインボウ》サーチ特殊召喚すれば、手札1枚の消費で済む。

 メインとなるのは(3)の蘇生効果
 昆虫族下級モンスターデメリットもなしに蘇生できるので次の展開としては有用な効果といえる。
 しかし、(1)の効果と同一ターン発動できないため、効果が使えるのは基本的に次の相手ターンからとなる。
 フリーチェーン効果が使えるため無駄にはならないが、そのままだと蘇生したモンスターごと除去される可能性が高いので、なるべく防御手段も併せておきたい。
 あるいは《星遺物からの目醒め》を使い、蘇生したモンスターと共に相手ターンリンク素材にするのもよいだろう。
 《星遺物からの目醒め》相手ターンにこのカードリンク召喚して次の自分ターンに(3)の効果を使える点でも相性がいい。

 フリーチェーン蘇生効果であることを活かし、蘇生する昆虫族《トリオンの蟲惑魔》など、相手ターン特殊召喚して効果発動できるものを選べば相手の妨害が可能。
 《星遺物からの目醒め》を使ったリンク召喚を絡めるならば、《ゴキポール》蘇生リンク素材にすれば、通常モンスターを展開することでフリーチェーンモンスター除去にもなる。
 特に《B・F−毒針のニードル》リンク素材としてだけでなく、蘇生するだけでサーチ効果によりアドバンテージを稼げる上、このカードの維持を考えず使い切りと見るならばこのカードリリースしてモンスター効果を止められるため、相手ターンに備えやすい点でも相性はよい。
 チューナーである《ナチュル・バタフライ》も、相手攻撃を一度止める事ができるため相手ターン特殊召喚することで動きを阻害できるが、相手攻撃宣言前に蘇生しておかなければ効果発動タイミングを逃す点には注意したい。
 それ以外ではフィールドに出してしまえばサーチに繋げることができる《応戦するG》《共振虫》などが蘇生先の筆頭候補で、勿論通常モンスターを採用していない場合でも《ゴキポール》はこれらと同じく優秀。
 他にも【ナチュル】【蟲惑魔】では相手ターン蘇生した昆虫族をそのまま《ナチュルの神星樹》コストに使うこともできる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《熾天蝶》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク3 風属性 昆虫族 攻2100

広告