貪欲(どんよく)(かめ)/Jar of Avarice》

通常罠
「貪欲な瓶」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):「貪欲な瓶」以外の自分の墓地のカード5枚を対象として発動できる。
そのカード5枚をデッキに加えてシャッフルする。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。

 クロスオーバー・ソウルズで登場した通常罠
 墓地カードデッキに戻し、その後1枚ドローする効果を持つ。

 《貪欲な壺》と似た効果だが、こちらは魔法カード罠カード対象にできるので発動は難しくない。
 しかし、ドロー目的ならば条件の無い《強欲な瓶》《八汰烏の骸》が存在している。
 そのため、このカードドローでは無く墓地カードデッキ戻す使い方が主となる。

 魔法・罠カードを損失無しでデッキに戻せる効果を持つカードは貴重である。
 しかし、デッキに戻したとしても必ず引けるわけではなく、2枚目以降の同名カードがあるならデッキ戻す意味も薄い。
 よって、魔法・罠カードサーチできるカードを用いるデッキでの採用が基本となる。
 例としては、《霞の谷の神風》《ハーピィの羽根帚》サーチできる【ハーピィ】などが挙げられる。
 【魔力カウンター】では、使い終えた《トゥーンのもくじ》《魔力掌握》2枚をデッキ戻す事で発動回数を増やす事ができる。
 また、回収手段が少ない永続罠等をキーカードとするデッキ手札事故の対策として採用するのも手か。

 《死者蘇生》等の有用な制限カードエクストラデッキモンスターを戻せば、デッキ枚数の増加も気にならない。
 モンスターも戻せるため、2枚目以降の《貪欲な壺》としても使える。
 あるいは、【チェーンバーン】等のデッキ《強欲な瓶》《八汰烏の骸》をフル投入した上で7枚目以降としての採用も考えられる。

関連カード

墓地カードデッキ戻しドローする効果《貪欲な壺》を参照

収録パック等

FAQ

Q:対象に選択したカードの内1枚が墓地に存在しなくなった場合、残りの選択したカードデッキ戻す処理は行われませんか?
A:はい、行われず、ドローする処理も行われません。(15/02/14)

Q:以下のカード効果で、対象カードが全てエクストラデッキに戻った場合、効果ドローする前にデッキシャッフルしますか?
A:《炎帝近衛兵》
《星因士 シリウス》
《聖騎士の三兄弟》
《ナチュル・マロン》
《氷結界の輸送部隊》
《ダイガスタ・エメラル》
《金満な壺》
《グラディアル・リターン》
《貪欲な壺》
《貪欲で無欲な壺》
《ホープ・オブ・フィフス》
《竜星の輝跡》
《サイコ・チャージ》
《TGX3−DX2》
《貪欲な瓶》:デッキカードが1枚も戻っていないのであれば、そのデッキシャッフルせずに効果処理を行います。(16/01/25)


Tag: 《貪欲な瓶》 通常罠

広告