「する」と「できる」

 カード説明では、「〜する」と「〜できる」という表現が使われていますが、これには違いがあります。
 「〜する」は必ず行わなければならない効果、「〜できる」は実行するかしないかをプレイヤーが選択できる効果である事を意味します。

 (公式ルールブック マスタールール3対応 バージョン 1.0 より引用)


  • 一般的に「〜する」は強制効果、「〜できる」は任意効果と呼ばれる。
    誘発効果が同時に発動したときにこの差で処理順番が決まる等、意外と重要な事項である。
  • 「〜する」と書いてあっても、その前の部分で条件の書き方によって任意効果となる場合がある。
    また、それらの記述のカードは再録された際はエラッタされ「〜できる」に変更される傾向にある。
  • 以下の二つのテキストは、書き口は違うが全く同じ効果である。
    ○○して発動する。
    △△する。
    この効果は1ターンに1度しか使用できない。

    1ターンに1度、○○する事で、
    △△する。

関連リンク

広告