B・F(ビー・フォース)

デッキの概要

 昆虫族風属性で統一されたB・Fを中心としたビートダウンデッキ
 展開力の高さと大きな効果ダメージを与える手段に優れており、シンクロ召喚も得意とする。

 なお、アルファベット表記だと似た名前である【BF】と紛らわしいので【ビー・フォース】と記述される場合もある。

《B・F−毒針のニードル》
チューナー・効果モンスター
星2/風属性/昆虫族/攻 400/守 800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「B・F−毒針のニードル」以外の「B・F」モンスター1体を手札に加える。
(2):このカード以外の自分フィールドの昆虫族モンスター1体をリリースし、
相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
《B・F−霊弓のアズサ》
シンクロ・チューナー・効果モンスター
星5/風属性/昆虫族/攻2200/守1600
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカード以外の「B・F」モンスターの効果で
相手がダメージを受けた時に発動できる(ダメージステップでも発動可能)。
そのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。
(2):このカードが墓地に存在する状態で、
自分の「B・F」モンスターの戦闘でモンスターが破壊された時に発動できる。
このカードを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
《一斉蜂起》
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、
このカードを発動するターン、自分は昆虫族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(1):相手フィールドのモンスターの数まで、
自分の墓地のレベル4以下の「B・F」モンスターを対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

デッキ構築に際して

メインデッキモンスターについて

B・F

昆虫族
 下記以外にも【昆虫族】を参照するとよい。

昆虫族以外の風属性

エクストラデッキについて

 B・F関連のカードの一部は、エクストラデッキからの展開に昆虫族縛りが課されるものが存在する。
 このためメインデッキ以上に昆虫族の比率が高まりやすい。

B・F
 いずれもシンクロモンスターである。

昆虫族

昆虫族以外

魔法・罠カードについて

B・Fサポートカード

―それ以外
 昆虫族の汎用サポートカードについては【昆虫族】も参照すると良い。

戦術

 メインデッキB・Fアドバンテージを取りつつ、エクストラデッキモンスターを中心にビートダウンを行うオーソドックスな動きが基本。
 特に《B・F−早撃ちのアルバレスト》《B・F−毒針のニードル》蘇生する動きはアドバンテージを一気に2枚稼げる強力な動きなので是非とも活用したい。
 《B・F−霊弓のアズサ》の(2)はエンドカードにもなり得る期待値があるので、より高レベルB・Fシンクロ素材にして墓地へ送り自己再生の準備を整えたい。
 《蘇生の蜂玉》の(2)や《B・F・N》等のサポートカード《B・F−毒針のニードル》を維持して(2)による制圧を狙っていくのも良い。

このデッキの弱点

 一般的な【昆虫族】に比べてややエクストラデッキへの依存度が強いため、特殊召喚メタエクストラデッキメタに弱い傾向にある。
 このあたりはメインデッキ《アーマード・ビー》《デビルドーザー》を採用して補うという選択肢もある。

 また、B・F関連のカード自分カード・アドバンテージを得る手段には長けているが、相手カード・アドバンテージを減らす手段は乏しい。
 シンクロモンスターにしても弱体化2回攻撃などで戦闘を経由して数を減らす事はできるが、逆に言えば戦闘破壊できなければそれまでである。
 戦闘破壊耐性を持つモンスター攻撃反応型罠カードを用意できる相手に対してはどうにも攻め手に欠けがちとなる。
 エクストラデッキに対応策を用意するのが最も簡単な解決策だが、制約の関係から出せない事も起こり得るのでメインデッキに汎用除去を採用しておくのも手。

 あまり見かけないが【風属性】の天敵たる《猛毒の風》に対しては手も足も出ないので一応注意したい。

代表的なカード

関連リンク

広告