【バウンス・コントロール】

デッキの概要

 相手モンスターを徹底的にバウンスし、直接攻撃を決めるコントロールデッキ
 以下のサイクル・リバース岩石族モンスター三種類をメインに戦う。

《守護者スフィンクス/Guardian Sphinx》
効果モンスター
星5/地属性/岩石族/攻1700/守2400
このカードは1ターンに1度だけ裏側守備表示にする事ができる。
このカードが反転召喚に成功した時、
相手フィールド上に存在するモンスターを全て持ち主の手札に戻す。
《番兵ゴーレム/Golem Sentry》
効果モンスター
星4/地属性/岩石族/攻 800/守1800
このカードは1ターンに1度だけ裏側守備表示にする事ができる。
このカードが反転召喚に成功した時、
相手フィールド上のモンスター1体を持ち主の手札に戻す。
《ガーディアン・スタチュー/Guardian Statue》
効果モンスター
星4/地属性/岩石族/攻 800/守1400
このカードは1ターンに1度だけ裏側守備表示にする事ができる。
このカードが反転召喚に成功した時、
相手フィールド上モンスター1体を持ち主の手札に戻す。

デッキ構築に際して

モンスターカードについて

 キーカードを展開するため、《ウェポンサモナー》《巨大ネズミ》等のサーチャーリクルーターを用意する。
 戦闘を介する必要はあるが、キーカードと似た働きのできる《N・グラン・モール》を投入するのも悪くない。

 アタッカーには岩石族地属性が多くなる事を活かし、《ギガンテス》《メガロック・ドラゴン》を用意したい。
 ロックを能動的に解除するため、《氷帝メビウス》を採用してもよい。

魔法・罠カードについて

 相手の行動をより制限するため、ロックカードを中心に採用する。
 こちらもビートダウンを行うので、《平和の使者》《光の護封壁》《威嚇する咆哮》等の自分は影響を受けづらいものを使う。
 これらのロックを抜けるモンスターで、上記の三種類を突破するのは難しい。
 特に《平和の使者》は抑制力が低いものの、攻めに転じる【フィフティ・フィフティ】の戦術を使いやすい。

 《守護者スフィンクス》効果が除外版《サンダー・ボルト》と化す《縮退回路》も面白い。
 これの影響下では、《強制脱出装置》《次元幽閉》《奈落の落とし穴》を上回る除去となる。
 《強制脱出装置》キーカードの緊急回避にも使えるため、《縮退回路》投入の如何に関わらず採用しておくべきだろう。
 ただし、《縮退回路》に頼りすぎると手札事故が増える事には注意したい。

 「通常召喚は1ターンに1回まで」なので、1ターンに1回バウンスをしていけば必然的にモンスター腐ることになる。
 《怨霊の湿地帯》《つまずき》ならば、足止めをしながらバウンスできる。
 反転召喚は阻害されないことを利用して《大熱波》を採用してみるのも手。

 裏側守備表示でいることを利用し、《つり天井》を投入してみるのも面白い。

このデッキの弱点

 フィールドを整える必要があるため、ロックカードが来ない場合は苦戦を強いられる。
 《ミスティック・ソードマン LV2》《死霊騎士デスカリバー・ナイト》なども天敵。

 またモンスター裏側守備表示であることが多いため、《抹殺の使徒》《暗黒界の雷》等にも弱い。
 対策として《八式対魔法多重結界》を採用しておくといいだろう。

 バウンスがあまり意味を成さない《サイバー・ドラゴン》も天敵。
 単体除去カードはどうしても必要になってくるだろう。

代表的なカード

関連リンク

広告