【侍ターボ】

デッキの概要

 《大盤振舞侍》コントロール相手に移し、攻撃力1000未満のモンスター攻撃し、ドロー効果発動させるコンボを用いるデッキ
 コンボに成功すれば、手札が7枚となり、大量にカードドローする事のできるターボデッキ

《大盤振舞侍/Sasuke Samurai #3》
効果モンスター
星3/光属性/戦士族/攻1000/守1000
このカードが相手プレイヤーに戦闘ダメージを与えた時、
相手プレイヤーは手札が7枚になるようにカードをドローする。

デッキ構築に際して

メインデッキモンスターについて

 このデッキで重要なのは《大盤振舞侍》攻撃するモンスターである。
 主に特殊召喚しやすいものや、戦闘破壊された場合に効果を発揮するモンスターなどが都合が良い。
 戦闘破壊耐性を持つモンスターの場合、メインフェイズ2にリンク素材などに使い、サンドバッグになるのを防げるようにしたい。

 これらのカード以外にも【侍ターボ】と相性のよいモンスターは存在するため、多くのデッキにこのギミックは採用できる。
 しかし、《大盤振舞侍》と関連性のある【光属性】【戦士族】の構成の方がサーチリクルートが簡単で、おススメである。

光属性モンスターについて

戦士族モンスターについて

エクストラデッキモンスターについて

魔法・罠カードについて

コンボ以外について

 上記では、《大盤振舞侍》ドロー効果発動させるためのカードを主に紹介しているが、決め手となるカードも採用すべきである。
 いくらアドバンテージを稼いでも、ドローするだけのデッキでは回り道ばかりして、勝利から遠ざかってしまう。
 ハンド・アドバンテージを稼げることから、手札コストの必要な効果を持つモンスターカードフィニッシャーとして採用したい。
 《スナイプストーカー》汎用性が高く、何度も効果を使えて便利だろう。
 また、《トラゴエディア》戦闘ダメージを受けたときに特殊召喚でき、その際の攻撃力が4200になるので十分決め手となるだろう。
 墓地を肥やした後に墓地除外特殊召喚モンスターを並べれば一気に攻めることもできるかもしれない。
 大量ドローという点を利用して《封印されしエクゾディア》による勝利を狙っても良いかもしれない。

注意すべき事

 《大盤振舞侍》コントロールを移す場合、自爆特攻を考えないなら守備表示で送る方が良い。
 攻撃したモンスター戦闘破壊されることを回避するためである。
 また、《大盤振舞侍》光属性であるため、《オネスト》によって余計なダメージが与えられるのも防げる。

このデッキの歴史

 《大盤振舞侍》混沌を制す者で登場した、光属性モンスターであったため、【ターボカオス】の一種とされた。
 元祖「戦闘破壊されないモンスター」の《魂を削る死霊》を3枚投入できたことも大きかっただろう。
 【カオス】デッキパワーの高さと相まって強力なターボデッキであった。
 また、【Vドラコントロール】などのロックデッキバーンデッキにおいても稀に採用されたこともあった。

代表的なカード

関連リンク

広告