魔導獣(マジックビースト)

デッキの概要

 ペンデュラム召喚を狙わない異色のペンデュラムモンスターカテゴリ魔導獣を用いた【魔力カウンター】デッキ
 ペンデュラムモンスター魔法カードとして発動する事をトリガー魔力カウンターを貯め、それをリソースに戦う。

《魔導獣 マスターケルベロス》
ペンデュラム・効果モンスター
星8/光属性/魔法使い族/攻2800/守2800
【Pスケール:青4/赤4】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):もう片方の自分のPゾーンにカードが存在しない場合に発動できる。
このカードを破壊し、デッキからレベル7以下の「魔導獣」効果モンスター1体を手札に加える。
【モンスター効果】
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分または相手が魔法カードを発動する度に、このカードに魔力カウンターを2つ置く。
(2):自分フィールドに魔力カウンターが4つ以上存在する場合、
このカードは効果では破壊されない。
(3):1ターンに1度、自分フィールドの魔力カウンターを4つ取り除き、
相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外する。
このカードの攻撃力は相手ターン終了時まで、除外したそのモンスターの元々の攻撃力分アップする。
《魔導獣 キングジャッカル》
ペンデュラム・効果モンスター
星6/闇属性/魔法使い族/攻2400/守1400
【Pスケール:青4/赤4】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):もう片方の自分のPゾーンにカードが存在しない場合に発動できる。
このカードを破壊し、自分のEXデッキから「魔導獣 キングジャッカル」以外の
表側表示の「魔導獣」Pモンスター1体を特殊召喚する。
【モンスター効果】
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分または相手が魔法カードを発動する度に、このカードに魔力カウンターを2つ置く。
(2):1ターンに1度、相手モンスターの効果が発動した時、
自分フィールドの魔力カウンターを2つ取り除いて発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

デッキ構築に際して

 ペンデュラムモンスター魔導獣は、以下の共通項を持つ。

 スケール4のモンスターしかいないので、魔導獣のみのデッキでは全くペンデュラム召喚を行うことができない。
 また「もう片方の自分Pゾーンカードが存在しない場合」というペンデュラム効果発動条件も、ペンデュラム召喚のためにペンデュラムゾーンに2枚のカードを置くことと相反している。
 このデッキでは、ペンデュラムモンスター魔法カードとしての発動魔力カウンターを貯めるトリガーであり、ペンデュラム召喚は基本的に度外視する事になる。

メインデッキモンスターについて

―その他のモンスター

エクストラデッキモンスターについて

 このデッキエクシーズモンスターエクストラデッキを利用する戦術の相性は悪い。
 このデッキでは《魔導獣 キングジャッカル》によるエクストラデッキからの《魔導獣 マスターケルベロス》特殊召喚が重要な戦術となっており、エクストラモンスターゾーンがそのために埋まっているためである。
 そのため、《百万喰らいのグラットン》《浮幽さくら》などにエクストラデッキを割きやすいとも言える。

 エクストラデッキを使うのであればチューナーを搭載してシンクロ召喚を行いたい。
 多数の魔力カウンターを運用するデッキなので、《アーカナイト・マジシャン》《マジックテンペスター》が爆発的な除去能力や火力を叩き出す。
 《マジックテンペスター》魔力カウンター16個を消費しての一撃必殺も夢ではない。
 チューナーには《EMオッドアイズ・シンクロン》を起用すると、ペンデュラムゾーンを空けながらシンクロ召喚に繋げられるが、ある程度レベル魔法使い族ペンデュラムモンスターを投入する必要が出てくる。

魔法・罠カードについて

 とにかく魔法カード発動して魔力カウンターを貯めるのが重要なので、できるだけ魔法カードを起用し罠カードは最低限としたい。
 防御カードが必要な場合も、できれば罠カードより速攻魔法を使いたい所である。
 【魔力カウンター】の項目も参考にされたし。

魔力カウンターを置くカード

サーチサルベージドロー魔法カード
 サーチサルベージドローを行う魔法カードは、手札枚数を減らさず魔法カード発動回数を稼ぐことができるため、重要な役割を担う。

―その他

戦術

 魔力カウンター生成効率の良い《魔導獣 マスターケルベロス》《魔導獣 キングジャッカル》を速攻で立てて、魔力カウンターを稼ぐのが第一目標となる。
 ルートは《魔導獣 マスターケルベロス》ペンデュラム効果《魔導獣 キングジャッカル》サーチ《魔導獣 キングジャッカル》ペンデュラム効果《魔導獣 マスターケルベロス》特殊召喚する方法が1つ。
 もう1つが《魔導獣 ジャッカル》召喚魔力カウンター3つを貯めてリクルートする方法である。
 後は適宜《魔導獣 ガルーダ》バウンスを行いつつ、《魔導獣 マスターケルベロス》《魔導獣 キングジャッカル》の性能で押し切る。

 基本ギミックは単純であり、《魔導獣 マスターケルベロス》《魔導獣 キングジャッカル》の2枚があれば【魔導獣】として最低限の動きはできると言える。
 魔法カードについても《ペンデュラム・パラドックス》以外に必須カードと言えるものはないので、プレイヤーによって構築の幅は広い。

 フィールドに出ている魔力カウンターリソースとする都合上、魔力カウンターの数が少ないと打てる手が少ない事が相手に筒抜けとなる。
 相手ターンを回す際には、最低限《魔導獣 ガルーダ》手札誘発効果が使用可能となる3個以上の魔力カウンターフィールドに残しておきたい所である。
 次のラインが《魔導獣 マスターケルベロス》破壊耐性を得られる4個、次は《魔導獣 ガルーダ》の効果を使用しても《魔導獣 マスターケルベロス》耐性が維持できる7個がラインとなる。
 また特定のカード魔力カウンターが集中していると、そのカードが除去されただけで戦略が瓦解する危険性がある。
 幸い魔導獣自分フィールド全体からコストとなる魔力カウンターを選べるので、うまく残数を分散したい。

デッキの派生

【オッドアイズ魔導獣】

 相性抜群の《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》を搭載したタイプ。
 《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》は、以下の点でこのデッキとの親和性が極めて高い。

 そのため、《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》および上記した関連カードを搭載したのがこのタイプである。

このデッキの弱点

 《魔導獣 マスターケルベロス》の出しやすさを強みとするこのデッキだが、ペンデュラム召喚を放棄しているためそのルートが《魔導獣 キングジャッカル》《魔導獣 ジャッカル》の2つに絞られている。
 このため、マストカウンターは比較的見切られやすいと言える。
 《魔導獣 マスターケルベロス》等の魔法カード1枚につき2個の魔力カウンターを生成できるモンスターが居ないと魔力カウンター生成効率がガタ落ちするため、そのままゲームエンドになりかねない。
 また展開力も低めであり、特殊召喚封じ・墓地封じ・モンスター効果封じなどの主要なメタカード刺さる
 魔力カウンターが載っているモンスターモンスター効果無効になると、魔力カウンターが置けなくなるだけでなく、既にのっている魔力カウンターも全て取り除かれてしまうので注意したい。

代表的なカード

サンプルレシピ

関連リンク

広告