E−HERO(イービルヒーロー)/Evil HERO

 GLADIATOR'S ASSAULTで登場した「E−HERO」と名のついたモンスター群。
 全てのモンスター悪魔族で構成されている。
 直接、「E−HERO」を対象とするカードは存在しないが、全てのカードが「HERO」にも属するため、「HERO」のサポートカード効果及び融合素材対象となる。

 E−HEROの融合モンスター悪魔族専用の融合カード《ダーク・フュージョン》でしか特殊召喚できない。
 しかし、《ダーク・コーリング》の登場によってE・HEROと似た戦術ができるようになった。
 このことにより、【E−HERO】の安定性は従来に比べ格段に上がった。
 ただし、《ダーク・フュージョン》《融合》のようにサポートカードが豊富にあるわけではないので、全く同じ戦術を使えるわけではない。

 融合素材E・HEROと同一の融合モンスターが多い事からE・HEROと混合する場合のシナジーにも期待できるだろう。
 同じ融合素材E・HERO融合モンスター効果を強化したような効果を持つものが多く、効果だけで見ればE・HEROを越えたHEROとも言える。

  • 《エビルナイト・ドラゴン》の「エビル」とこの「イービル」は同じ英単語(Evil)である。
    なお、「Evil」の発音は「イービル」の方がより原語に近い。
    ちなみに「Evil」は「悪質な」・「邪悪な」を意味する。
  • 海外では「HERO」の代わりに「"Elemental Hero", "Destiny Hero" or "Evil Hero"」という括りになっていたので「Evil Hero」は正式なカテゴリになっていた。
    現在では「HERO」に関してルールの変更があった為、正式なカテゴリではなくなっている。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXにおいて、十代の心の闇によって誕生したHEROであり、覇王十代が使用。

関連リンク

―E−HERO一覧

―その他のリンク

広告