ゴブリン/Goblin

 ネクスト・チャレンジャーズカテゴリ化された「ゴブリン」と名のついたカード群。
 属するモンスター種族戦士族悪魔族属性地属性闇属性のものがほとんどである。

  • 「ゴブリン(Goblin)」とは、ファンタジー作品でよく登場する種族のひとつ。
    基本的に個々はあまり強くなく、数で勝負を挑む種族として扱われる事が多い。
    作品によって種族の定義がまちまちであり、精霊と記されていたり、ドワーフと混同されているものもある。
    また、日本の妖怪の一部も「Goblin」と訳されることがあり、特に天狗は「long-nosed goblin」と訳される。
    これは、《天狗のうちわ/Goblin Fan》《カラス天狗/Crow Goblin》と言った初期の天狗をモチーフとするカード英語名にも現れている。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメDMで城之内が《ゴブリン突撃部隊》を使用しているのを始め、いくつかの使用例がある。
    アニメGXでは、大原&小原が《キングゴブリン》を中心に3種の「ゴブリン」を使ったデッキを使用している。
    アニメZEXALでは遊馬が《ゴブリンドバーグ》を愛用しており、主人公主力カードの仲間入りを果たした。
    アニメARC-Vでは3話のLDSの小テストで、「ゴブリン〜隊」と名の付くカードをできるだけ答える問題があった。
    OCGカードとしては大原&小原が使用した《五分ゴブリン》、サンブレ・ゲレロが使用した《ゴブリン舞踏隊》、万丈目が使用した永続魔法《ゴブリンの交渉人》(いずれもアニメGX)がある。

関連リンク

―「ゴブリン」と名のついたモンスター
 ※は「ゴブリン」に関する効果を持つモンスター

―「ゴブリン」と名のついた魔法・罠カード

―その他のリンク

広告