サイバー・ダーク/Cyberdark

 CYBERDARK IMPACTで登場した「サイバー・ダーク」と名のついたモンスター群の総称。
 全てのモンスター闇属性機械族で統一されており、下級モンスターは以下の共通する誘発効果永続効果を持つ。

このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地のレベル3以下のドラゴン族モンスター1体を選択し、
装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
このカードの攻撃力は、この効果で装備したモンスターの攻撃力分アップする。
このカードが戦闘によって破壊される場合、
代わりにこのカードの効果で装備したモンスターを破壊する。

 下級モンスター三体が融合した《鎧黒竜−サイバー・ダーク・ドラゴン》も同様の効果を持つが、こちらは装備するモンスターレベル制限が存在しない。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXにて、ヘルカイザーとなった丸藤亮が使用した「サイバー流裏デッキ」のコアとなるモンスター群。
    サイバー流道場に昔から存在するデッキ
    初代師範がこの存在を恐れてずっと封印されていたが、後に「ヘルカイザー亮vsマスター鮫島」のデュエルで亮の手に渡った。
    ジェネックス大会において「ヘルカイザー亮vsダークネス吹雪」戦、「翔vsヘルカイザー亮」戦で使用しその圧倒的な攻撃力で勝利を得た。
    そして第4期になってから、裏デッキの新たな可能性を見出した翔の手に引き継がれた。

関連リンク

レベル3以下のドラゴン族モンスター

攻撃力カード名レベル備考
1700《ハウンド・ドラゴン》通常モンスター
1500《デルタフライ》チューナー
《ドル・ドラ》
《龍脈に棲む者》
1400《ドラグニティ−ピルム》チューナー
《仮面竜》
《炎龍》チューナー
1350《アモルファージ・ルクス》ペンデュラムモンスター
1300《グレイ・ウイング》
1200《アームド・ドラゴン LV3》
《オッドアイズ・ミラージュ・ドラゴン》ペンデュラムモンスター
《ベビードラゴン》通常モンスター
《ドラグニティ−ジャベリン》チューナー
《ドラグニティ−パルチザン》チューナー
《真紅眼の幼竜》
1100《リザード兵》通常モンスター
《ドレッド・ドラゴン》チューナー
《フレムベル・ドラグノフ》
1000《ドラグニティ−ブラックスピア》チューナー
《ボマー・ドラゴン》
《炎征竜−バーナー》
《ギャラクシーサーペント》通常モンスターチューナー
《ドラグニティ−アキュリス》チューナー
900《漆黒の闘龍》ユニオン
《フォトン・リザード》
《魔頭を持つ邪竜》通常モンスター
《TG カタパルト・ドラゴン》
《ヤマタノ竜絵巻》通常モンスター
800《黒竜の雛》
《ドラグニティ−コルセスカ》チューナー
700《一眼の盾竜》通常モンスター
《軍隊竜》
600《プチリュウ》通常モンスター
《ドラグニティ−ブランディストック》チューナー
《黒鋼竜》
《太古の白石》チューナー
500《トライゴン》ユニオン
《風征竜−ライトニング》
《ドラグニティ−ファランクス》チューナー
《暴風竜の防人》チューナー
400《ミンゲイドラゴン》
《破壊剣−ドラゴンバスターブレード》チューナー
《破壊剣士の伴竜》チューナー
300《インフルーエンス・ドラゴン》チューナー
《デコイドラゴン》
《銀河眼の雲篭》
《伝説の白石》チューナー
200《ポケ・ドラ》
100《コドモドラゴン》
《ガード・オブ・フレムベル》通常モンスターチューナー
《スターダスト・シャオロン》
《アモルファージ・ガストル》ペンデュラムモンスター
《救世竜 セイヴァー・ドラゴン》チューナー
《伝説の黒石》
広告