デッキ切れ

 デッキの残り枚数が0になること。
 デュエルの敗北に直結することであり、デッキ破壊戦術の最終目標。
 デッキアウト、デッキレス、ライブラリーアウトとも言う。

 デッキの枚数が0になっても、その時点ではまだ負けにはならず、ドローする機会が訪れると負けになる。
 従って、デッキの枚数が0の状態で自分ターンを迎えても、何らかの方法でドローフェイズスキップできれば負けにはならない。
 例1:前のターン《八汰烏》効果発動された
 例2:デッキが残り2枚の時に《無謀な欲張り》発動していた
 例3:前のターン《死者への供物》発動していた
 なお、ドローフェイズ以外であっても、カードの効果ドローする場合には負けになる。

  • 原作・アニメにおいて―
    漫画・アニメを通じてデッキ切れで敗北したデュエリストは、「バトルシティ編」における「闇遊戯vs人形」戦の人形、アニメGXにおける「十代vsエックス」戦のエックスの2人しか存在しない。
    デッキ破壊を主戦術としたデュエリストは多いものの、いずれもデッキ切れで勝利をつかむには至っておらず、上記の2人は遊戯と十代が相手カードを利用して咄嗟の機転でデッキ切れに追い込んだものである。
  • コナミのゲーム作品において―
    DMシリーズにおいては手札を5枚までしか持つことが出来ず、ターン開始時にすでに手札が5枚ある場合、ドロー自体行われない。
    なので、手札を使わなければデッキの枚数を減らさずに保つことができ、デッキ切れを回避できる。
    ちなみにCPUは手札カードを1枚も使えない場合、1枚捨ててくるので毎ターン必ずドローが行われる。
    よって(相手デッキを把握していて)現在の場札だけで負けない場合、あえて手札を全く使わずに相手のデッキ切れを狙うことも可能である。
  • 真DMではこのルールがゲーム上大きな意味を持っていた。
    このゲームではモンスター破壊ビートダウンを行うなど攻撃的な戦法で敵を倒すと剛、反射ダメージデッキを減らすなど防御的な戦法で敵を倒すと柔評価となり、柔の最上の評価で無ければ良い魔法・罠カードはもらえないという仕様となっていた。
    そのためなるべくカードを出さずに相手カードを使わせて勝利するのが攻略の1つとなっており、積極的にデッキ切れが狙われていた。
  • OCG準拠のゲームでは、デッキが0枚の時に勝利した場合、ボーナスが貰える作品もある。

関連リンク

広告