デメリット

 「demerit(短所・欠点)」の意。
 主にコントローラーへ不利に働く効果のことをいう。
 デメリット効果は、カードが強くなり過ぎないように調整するための効果でもある。

 維持するためにコストが必要であったり、徐々に弱体化していったりと、様々な効果のものがいる。
 攻撃力が高く、かつデメリット効果を持っているモンスターは俗に「デメリットアタッカー」と総称される。
 特に攻撃力が一般的な標準を上回るモンスターは、大抵何らかのデメリットか厳しい召喚条件が付随している。

 デメリットはそのまま耐えるだけでなく、回避したりメリットへ変換したりすることが重要となる。
 例えば、強力なデメリットを持つモンスター《強制転移》で押し付け、逆にアドバンテージとする戦法が存在する。
 この場合、主には《大盤振舞侍》《悪魔の調理師》等のドローを加速させてしまうものが選択される。
 これに限らず、デッキコンセプト次第では、補って余りある活躍をすることもしばしば。
 上記のカード相手ドローさせるデメリットを逆手に取る【便乗ターボ】【グリードバーン】などがいい例。
 ドロー系以外でも、強烈なデメリットを押し付ける【転移アシゴ】相手フィールド特殊召喚されるデメリットを継続的な戦闘破壊の的と考える【チャルアイーター】などが存在する。

 魔法・罠カードにも、例えば蘇生カードには自壊等何らかのデメリットを持つものが多い。
 蘇生したモンスター守備表示にするとモンスターもろとも自壊する《リミット・リバース》などがいい例だが、もちろん《ユベル》を能動的に破壊できるなどのメリットになりえる効果である。
 他にも、《ビッグバン・シュート》除外デメリットは相手モンスターに対し使用する等すると、強烈なメリット効果へ変換することが可能。

 また少数ながらデメリットしかない魔法・罠カードも存在する。
 《トゥーン・ワールド》《光のピラミッド》は、単体ではデメリットしかないがカテゴリカードを使う上で必須カードとなる。
 一方、そういった背景すら持たない純粋なデメリットカードとしては《強欲な贈り物》《ギフトカード》などが該当する。
 当然単体では使い物にならず、ほかのカードコンボしてメリットに変換することで真価を発揮するカードである。

  • メリットともデメリットともつかない効果を持つモンスターももちろん存在する。
    たとえば一見デメリットに見えるライトロードの自己デッキ破壊能力も、実際は墓地を肥やすことができる強力なメリットとみなされることが多い。
    だがもちろんデッキの残り枚数が少ない状態では、デッキ切れによる敗北を招くデメリットとして働く。
    結局、効果がメリットとして働くかデメリットとして働くかは状況によるところが大きい。

関連リンク

広告