パーシアス/Parshath

 ストラクチャーデッキR−神光の波動−カテゴリ化された「パーシアス」と名のついたカード群。
 属するモンスターは全て天使族で統一されており、闇属性《ダーク・パーシアス》以外は全て光属性である。

 光属性のパーシアスモンスター貫通効果を、その内メインデッキに入るモンスター戦闘ダメージを与えた際に手札が1枚増える誘発効果を持つ。
 《ダーク・パーシアス》戦闘破壊に成功した場合に手札が1枚増える類似効果は持っている。
 始祖となる《天空騎士パーシアス》効果を受け継いだ形となったのだろう。

  • 「パーシアス」とは、ギリシア神話の英雄ペルセウス(Perseus)の英語読み。
    ゼウスの子の1人であり、メデューサ退治の英雄譚で知られるが、父を自らの手で殺める運命を背負った悲劇の英雄でもあった。
    アンドロメダを妻とし複数の子を設けたが、その子孫の1人にヘラクレスがおり、ヘラクレスの曾祖父に当たる。
  • ペルセウスの姿は普通の人間であるが、《天空騎士パーシアス》の下半身は有翼の白馬となっている。
    メデューサを退治した際メデューサが流した血からペガサスが生まれたことに由来するのだろうか?
  • 英語名の該当部分は「Perseus」ではなく、なぜか「Parshath」という全く異なるつづりにされてしまっている。
    発音は「パァシャス」に近い。

関連リンク

―「パーシアス」と名のついたモンスター
 ※は「パーシアス」に関する効果を持つモンスター

―「パーシアス」と名のついた魔法・罠カード
 ※は「パーシアス」に関する効果を持つ魔法・罠カード

―その他のリンク

広告