マストカウンター/Must Counter

 語源は「〜しなければならない」を意味する英語の助動詞"must"。
 単に「マスト」と省略されることもある。

 これを通してしまうと(無効にしないと)ほぼ負けが確定してしまうか、相当苦しい状況に追い込まれるような場面、またはカードのこと。
 主に相手キーカードフィニッシャーエンドカード)を指し、他にも自らのデッキに致命的な影響を齎すカードもこれに当たる。
 引き分けを狙う《自爆スイッチ》も該当する。
 単純に自分ライフポイントが0になる攻撃を指すこともある。

 コンボデッキキーカードが明らかなのでマストカウンターを見破りやすい(それ故にコンボカウンターに弱いのである)。
 特に特殊勝利条件は文字通り通したら負けが確定するので、マストカウンターはこの上なく明らかである。
 一方、投入されたカードすべてが戦力であるグッドスタッフなどはマストカウンターが無いに等しい。
 だが、「この場面ならこれさえ通さなければなんとかなる」というカードが存在することもあり、それもマストカウンターと呼ばれることがある。

 デュエルにおいては、どのようにしてマストカウンターを防ぎきるかが重要な要素となる。
 逆に、相手にとってのマストカウンター、つまり自分キーカードをどのように通していくかも同じくらい重要である。
 【ロックバーン】【メタビート】デッキ相手《ハーピィの羽根帚》を通せれば相当有利になるのは間違いないが、相手もマストカウンターと認識して《神の宣告》《スターライト・ロード》等を使ってくる事が多い。
 こちらも《神の宣告》を併用したり、本命の前に他の除去であたりをつけたりするとよい。

 伏せ除去が増え、モンスター効果が台頭するにつれ、OCG環境は高速化を続けている。
 そこで、《エフェクト・ヴェーラー》《増殖するG》を初めとした「奇襲性が高く対応が難しい」手札誘発でマストカウンターへと対処することは広く行われている。
 デュエル中には相手の挙動をそれとなく観察し、対抗策の存在を常に警戒するようにしたい。

  • マストカウンターを的確に見極めてくる相手に対しては、マストカウンターとなるカードを手札に何枚かため込んでから1ターンでまとめてプレイする戦術がある。
    伏せカード手札誘発を考慮しつつプレイする順番を選びたい。

関連リンク

広告