ライトロード/Lightsworn

 LIGHT OF DESTRUCTIONで登場した「ライトロード」と名のついたモンスター群。
 全てのモンスター光属性で統一されており、その多くがデッキからカード墓地へ送る効果やそれに関連した効果を持っている。

 現在のところ、《裁きの龍》及び11種類のライトロードが以下の共通する誘発効果を持つ。

自分のエンドフェイズ毎に発動する。
自分のデッキの上からカードを○枚墓地へ送る。

 効果によって墓地へ送る枚数はカードによってそれぞれ異なっており、その枚数は2〜4枚までのいずれかである。

  • 白を基調とした、中世ファンタジー風のイラストが印象的なカテゴリで、モンスターの背景は全て同じデザインで色違いになっている。
    また、鎧や盾などの装備品に共通して錨のようなマークが描かれている。
    なお現在まで登場したライトロードは全員頭の後ろに後光が差しており、これはキリスト教の宗教絵画(イコン)における聖人の表現である。
  • マスターガイド3によれば、彼らは別次元に存在する《ジャスティス・ワールド》に住んでおり、少女の涙などの助けに反応して、別次元からやってくる正義の集団であり、悪しき者を封滅し、何も残さず去っていくとされる。
    カードによって、先発の前衛部隊・後方の魔法戦部隊・空戦部隊・諜報部隊と分かれており、彼らの最大兵器が《裁きの龍》である。
    また、彼らが現世に留まるためには膨大な魔力が必要らしく、その点がデッキデス効果として表れている。
  • カテゴリ名の「ライトロード」とは「Light Lord」を繋げた言葉で、直訳すれば「光の支配者」といった意味。
    英語名では「Lord」ではなく「Sworn」(誓い合った)が使われており、意訳すれば「光に誓いを立てた者」になる。

関連リンク

―「ライトロード」と名のついたモンスター
 ※は「ライトロード」に関する効果を持つモンスター

―「ライトロード」に関する効果を持つカード

―「ライトロード」に関するカウンター

―その他のリンク

FAQ

Q:自分エンドフェイズ毎に、自分デッキの上からカード墓地へ送る効果チェーンブロックを作りますか?
A:作ります。(08/02/26)

Q:エンドフェイズカード墓地へ送る効果は、効果解決時発動したライトロードフィールド上に表側表示で存在しない場合も適用されますか?
A:《ライトロード・スピリット シャイア》《ライトロード・パラディン ジェイン》等のエンドフェイズ時の効果発動し、効果解決時に自身がフィールド上に存在しなくなった場合でもこの効果適用されます。(13/12/21)

Q:エンドフェイズデッキからカード墓地へ送る効果が複数発動した場合、どのように処理しますか?
A:全てがチェーン1として発動し、一つずつ個別に処理します。(08/02/26)

Q:エンドフェイズ《光と闇の竜》が存在する場合はどのように処理しますか?
A:発動無効にされた場合、墓地へ送る効果は同一エンドフェイズ中に二度目の発動はしません。(13/05/20)

Q:エンドフェイズ《スキルドレイン》が存在する場合はどのように処理しますか?
A:ライトロードの効果が一度発動無効化された場合、二度目の発動はしません。(13/04/26)

広告