一連の効果

 効果処理時に複数の効果処理を行う効果について、順番に処理を行う効果のこと。(非公式用語)
 公式のQ&Aで使用される「一連の効果処理」とは異なる用語である。
 「一連の効果処理」という言葉からは「一連の処理」か「同時の処理」かは判断できないので、注意が必要。

  • 対義語に「同時に処理する効果」がある。
    この効果を持つ代表的なカードには《生者の書−禁断の呪術−》が挙げられる。
    このページでは「同時に処理する効果」も一緒に扱う。
    • 「同時に処理する」とは、ルール上タイミングを逃さないことを示す言葉である。
      同時に処理する効果であっても、実際の手順では1つずつ順番に行うことになる。
    • 『一つの処理であること』と『二つの処理を同時に処理すること』は別物であるという点にも注意が必要である。
      例えば、《毒蛇の供物》の効果処理は一つの処理(自分相手カード破壊する処理)であり、二つの処理(相手カード破壊する処理と自分のカード破壊する処理)を同時に処理するものではない。
      詳しくは後述するが、『二つの処理を同時に処理する』場合は、1番目の処理が正しく処理されないと、2番目の処理を行えない。
      しかし、『一つの処理である』場合は、正しく処理されない処理が存在しても、すべての処理を行えるという違いが発生するので注意が必要である。
      例:《毒蛇の供物》対象として罠カード効果を受けない自分モンスターを選んだ場合も、残りの2枚の破壊は行われる。
      また、『一つの処理である』という性質上、解決時に1枚でも処理を行えない状態になってしまった場合は、すべての処理が不発になるということにも注意。
      詳しくは、不発のページを参照。
  • 一連の効果の効果処理が途中で終了する場合について。
    発動することはできたが、チェーン処理によって一部の効果が処理できなくなった場合のことである。
    現在のところ、解決できない処理の直前まで処理するものと、最初から全て不発になるものの二つに分かれる。
    これもテキストからは判断できず、各カードについて裁定をもらって確認するしかないので注意。
  • 同時に処理する効果について
    • 同時に行う効果の1番目が解決できない場合。
      基本的には不発となる。
  • 第9期以降のテキストでは、一連の処理が同時ではない場合「○○する。その後、××する。」というように、必ずその後という言葉が入るようになっている。
    反対に、その後という言葉が入っていない場合、それは「処理が同時である」ことを表している。
  • なお、これはテキストが整備された第9期以降のカードでしか通用しない。
    それ以前はテキストが曖昧であり、1文で書かれているのに処理が同時でなかったり、2文に分かれているのに同時に処理するカードも存在している。
    それらのカードについてはテキストから読み取れない問題があるためか、公式データベースにあらかじめ同時か同時でないかの裁定が明記されているので、そちらを確認しておくのが望ましい。

関連リンク

FAQ

Q:《宇宙砦ゴルガー》《リビングデッドの呼び声》特殊召喚された《毒蛇王ヴェノミノン》が存在し、《蛇神降臨》セットされています。
  《宇宙砦ゴルガー》効果《リビングデッドの呼び声》手札に戻した場合《毒蛇王ヴェノミノン》破壊されますが、その時に《蛇神降臨》発動することができますか?
A:いいえ、できません。(15/02/06)

広告