炎舞(えんぶ)/Fire Formation

 COSMO BLAZERカテゴリ化した「炎舞」と名のついた魔法・罠カード群。
 炎星と密接な関係にあり、多くの炎星がこのカテゴリに関する効果を持っている。

 《極炎舞−「星斗」》《Ultimate Fire Formation - Sinto》と、ルール上「炎舞」として扱う《Fire Fortress atop Liang Peak》以外は全て永続魔法永続罠であり、その多くが獣戦士族に様々な恩恵を与える効果を持っている。
 多くは発動時にメインとなる効果を発揮し、それに加えて自分獣戦士族攻撃力を微量に強化する永続効果を持つ。
 またフィールド上に残った炎舞は、獣戦士族全体強化するだけでなく、炎星効果を使うためのコストとしても利用できる。

 獣戦士族全体強化する効果を持つカードは以下の通り。
 これらの中では《炎舞−「玉衝」》のみ、獣戦士族に関する固有の効果を持っていない。

 これらのカード獣戦士族全体強化値は、永続魔法攻撃力100、永続罠攻撃力300となっている。

  • 第8期に登場した炎舞のカード名は北斗七星を構成する星の中国での呼び名に由来している。
    また炎星の多くが六壬北斗七星を指す「天こう星三十六星(「こう」=網頭に正)」が元ネタのモンスターである。
  • 名前に機種依存文字が含まれているものが存在する初のカード群である。
    これらのカードを始まりとし、いくつか機種依存文字を含むカードが登場している。
    ちなみに、OCG化されていないものも含めると最初に機種依存文字を含んだカードは《WW(ホワイトウォリアーズ)−縄ヒョウのスノー》(「ヒョウ」=金偏に票)である。

関連リンク

―「炎舞」と名のついた魔法・罠カード
 ※は「炎舞」に関する効果を持つ魔法・罠カード

―「炎舞」に関する効果を持つカード

―その他のリンク

FAQ

Q:炎舞魔法・罠カード発動した時、チェーンして相手《サイクロン》《砂塵の大竜巻》等を発動しそのカード破壊しました。
  この場合、前半の効果適用されますか?
A:いいえ、効果処理時にそのカードが存在していない場合は前半の効果適用されません。(12/11/17)

Q:《魁炎星王−ソウコ》効果で炎舞をセットする場合、何のカードかを相手に教える必要はありますか?
A:はい、相手確認させる必要があります。(12/11/28)

Q:《魁炎星王−ソウコ》効果で、永続魔法の炎舞をセットしました。
  この炎舞を、そのターン表側表示にする(発動する)事はできますか?
A:はい、できます。
  なお、罠カードの炎舞の場合は、セットしたターン発動する事ができません。(12/11/17)

広告