相打ち

 同じ攻撃力を持つ攻撃表示モンスター同士が戦闘を行い、その結果互いに破壊されることを言う。
 《人喰い虫》《異次元の女戦士》等の効果も一種の「相打ち」になることがあるが、このページで取り扱う相打ちはそれらとは異なる。

  • 原作・アニメにおいて―
    わかりやすい通称であるため、アニメや漫画でもしばしば使用される。
    相打ちの事を、原作のパンドラや漫画GXのジェームズ・クロコダイル・クックは「相殺」、死の腹話術師は「同士討ち」と呼んでいる。
    本来はそれぞれ「相反するものが打ち消し合い帳消しになること」「味方同士で争うこと」の意味であり、前者はともかく後者は明らかな誤用である。
    ただ、この戦闘では元々の持ち主が海馬の《青眼の白龍》「同士」の討ちあいなので、必ずしも違うとも言い切れない。
    • 漫画5D'sではこれを利用した一撃疾走(ワン・ショット・ラン)という勝負がある。
      同じ攻撃力モンスター同士で戦闘を行わせるもので、決闘疾走(ライディングデュエル)独特の「フィール」をいかに使いこなせるかの勝負となる。

関連リンク

広告