耐性

 特定の何かに対しての抵抗力を意味する言葉。
 OCGでは、モンスターデッキの特定カードへの抵抗力を評価する際に使われる。

 モンスターにおいては、自分フィールドに存在し続けるのに貢献する効果のことを指す。
 以下のように、大まかに戦闘への耐性と効果への耐性に分けることができる。

 戦闘に関するもの

  1. 戦闘破壊されない。(戦闘耐性の中では最も一般的なもの)例:《マシュマロン》
  2. 相手モンスターから攻撃対象にされない。例:《ガーディアン・ケースト》
  3. 攻撃対象に選択できない。(2とは異なる点に注意)例:《コマンド・ナイト》
  4. 戦闘破壊されても自己再生する(できる)。例:《きつね火》
  5. 戦闘破壊されても後続を特殊召喚する(できる)。例:《合神竜ティマイオス》
  6. 相手モンスター攻撃宣言を行う事ができない。例:《ゴラ・タートル》
  7. その他 例:《水魔神−スーガ》

 効果に関するもの

  1. 効果破壊されない。例:《異次元竜 トワイライトゾーンドラゴン》の前半の効果
  2. 効果を受けない。例:《毒蛇神ヴェノミナーガ》
  3. カード効果の対象にならない。例:《竜魔人 キングドラグーン》
  4. 対象をとる(指定する)効果無効にし、破壊する。例:《タイラント・ドラゴン》
  5. 発動させない。例:《エンジェルO7》
  6. 発動無効化する。例:《黒の魔法神官》
  7. 効果無効化する。例:《天魔神 インヴィシル》
  8. 破壊されても特殊召喚される。例:《ヴァンパイア・ロード》
  9. 除外されても特殊召喚される。例:《異次元の偵察機》
  10. 召喚無効にされない。例:《オベリスクの巨神兵》
  11. その他 例:《盲信するゴブリン》《奇跡のジュラシック・エッグ》《召喚僧サモンプリースト》

 モンスター以外では、《虹の古代都市−レインボー・ルイン》《ポルターガイスト》効果にも使われる。

 またデッキに使われる場合は、特定のカードへの抵抗力という意味で使用される。
 代表的な例は、除去デッキにおける《王宮のお触れ》耐性、ロックデッキにおける《大嵐》耐性など。

  • カードが、他のカードによって永続的に耐性を付与されている場合について。
    この状況で「耐性を付与しているカード」と「耐性を付与されているカード」が同時に除去される場合、「耐性を付与しているカード」のみが除去される。
  • コナミのゲーム作品において―
    OCG準拠のゲーム作品では、RPGのように属性によるダメージの増減や召喚魔族による優劣がある場合がある。

関連カード

 耐性関連の効果を持つカードについては各リンクを参照。
 主に「効果の対象」「効果を受けない」「無効」「破壊されない」「自己再生」等のページに詳しく記載されている。

関連リンク

広告