これらのキーワードがハイライトされています:エメラルドポリス

Kozmo(コズモ)エメラルドポリス/Kozmotown》

フィールド魔法
(1):1ターンに1度、除外されている自分の「Kozmo」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に戻し、自分はそのモンスターの元々のレベル×100LPを失う。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
手札の「Kozmo」モンスターを任意の数だけ相手に見せ、デッキに戻してシャッフルする。
その後、自分はデッキに戻した数だけデッキからドローする。
(3):フィールドゾーンのこのカードが効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「Kozmo」カード1枚を手札に加える。

 EXTRA PACK 2016で登場したフィールド魔法
 除外されているKozmo手札戻してそのレベルライフロスする効果手札Kozmoデッキ戻してその枚数分ドローする効果破壊された場合にKozmoサーチできる効果を持つ。

 (1)の効果ライフと引き換えに除外されたKozmoモンスター1体をサルベージする効果
 Kozmoモンスターは全て自身を除外して発動する効果を持っており、対象に困ることは少ない。
 基本的には優秀なサーチャーである《Kozmo−ドロッセル》を回収することになるだろうが、展開手段があれば上級最上級Kozmoモンスターも選択肢に入る。
 三つの効果の中で唯一アドバンテージを得られる効果であり、基本的にこの効果をメインに使用することになるだろう。
 当然だが高レベルモンスターサルベージすればそれに比例してライフロスもかさんでいくため、何を回収するかは慎重に見極めたい。
 幸いレベル×100とライフロス自体は軽めであり、下級Kozmoを2・3回サルベージする程度なら《Kozmo−フォアランナー》等のライフゲイン効果でも十分カバーできる。

 (2)の効果手札交換効果
 Kozmo上級モンスターサーチリクルートを介して展開されるのが主であり、それらが手札に溜まってしまった場合の事故防止として役立つ。
 ただしデッキに戻すのはモンスターに限定されている為、このカードを含めた魔法・罠カード手札交換に使えない事に注意。

 (3)の効果フィールドゾーン破壊された場合にKozmoカード1枚をサーチする効果
 同名カードを含めたKozmoカード全て範囲内である上にタイミングも逃さず、除去された際のリカバリとして非常に優秀な効果だと言える。
 同一ターン中の回数制限も無く誰が破壊したかも問わないため、いざとなったら自ら破壊することでサーチカードとしても使用できる。
 しかし最初の二つの効果も十分有用な上、このカード自体は再利用手段に乏しい。
 同名カードサーチできるということは実質破壊耐性をもっているのと同義であり、それを相手がわざわざ破壊してくるとは考えにくい。
 そのためサーチ手段として見るよりも、相手除去を躊躇わせる牽制の目的がメインといえる。
 例によって破壊以外の除去には無力だが、フィールド魔法故に《テラ・フォーミング》をはじめとするサーチ手段は豊富なため然程大きな問題にはならない。

 総じてKozmoを中心としたデッキでは潤滑油として活躍が期待できるカードである。
 弱点としては発動自体を無効にされるとサーチ効果を使用できない事、初手にこのカードばかり来てしまうと手札交換効果を生かせず腐ってしまうことぐらいか。

  • このカードが紹介されたTCGの公式ブログでは「銀河帝国歴1900年、不釣合いな仲間達が共に素晴らしくも圧倒される宇宙の旅に旅立つ…」といった意味の一文が添えられていた。
  • Kozmoの元ネタを『オズの魔法使い』とする説があるが、もしそうだとすれば銀河帝国歴1900年とは、『オズの魔法使い』の初版の発行年(西暦1900年)に因むのかもしれない。
    また、同じく元ネタとされる映画『スターウォーズ』の舞台は銀河帝国が生まれてから19年後の世界であり、こちらともかけている可能性がある。
  • 『オズの魔法使い』にはこのカードカード名と同じくエメラルドの街と呼ばれる都市が登場しており、それがこのカードのモチーフと思われる。
    また、イラストに描かれている都市の景観は『スターウォーズ』に登場する銀河共和国・銀河帝国の首都惑星コルサントに酷似している。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《Kozmo−エメラルドポリス 魔法 フィールド魔法 Kozmo

広告