これらのキーワードがハイライトされています:死者転生

死者転生(ししゃてんせい)/Monster Reincarnation》

通常魔法
(1):手札を1枚捨て、自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 RISE OF DESTINYで登場した通常魔法
 手札コストを払いモンスターサルベージする効果を持つ。

 あらゆるモンスターを1体サルベージできる汎用性の高い魔法カード
 とはいえ、コンボを狙わなければ手札コスト1枚分のディスアドバンテージが発生するので、どんなデッキでも採用できるわけではない。
 特殊召喚よりも通常召喚や、手札誘発を中心とするデッキでは十二分に活躍できる。
 サルベージ効果を持つ通常魔法《戦士の生還》《サルベージ》《ダーク・バースト》《闇の量産工場》等が存在するため、使うならこれらに対応しないモンスターサルベージしたい。

 例えばリバースモンスター召喚に成功した時に効果発動する誘発効果モンスターを多数採用してあるデッキや、それらがキーカードとなるデッキである。
 【デッキ破壊】【デッキ破壊1キル】ではリバースモンスターを使い回すために使われる。
 また、特殊召喚モンスター等の蘇生できないモンスターを再利用する時にも活躍する。
 こちらでは【ライトロード】《裁きの龍》【雑貨転生岩石】《メガロック・ドラゴン》といったフィニッシャーを手に入れるために使われたりする。

 このカードを使う時にネックとなるのは手札コストであるが、そちらを利用できるデッキでも検討できる。
 例えば《ヴォルカニック・ロケット》《ヴォルカニック・バレット》が存在する【ヴォルカニック・バーン】辺りか。
 《ヴォルカニック・バレット》手札コストで捨てつつ、《ヴォルカニック・ロケット》サルベージできれば、手札墓地も肥える。
 他では《魔轟神獣ケルベラル》とのコンボが使用されることもある。

  • 登場からしばらくは高レアリティで収録され入手が難しかったが、その後はノーマルで何度も再録され市場に多く出回っている。
  • アニメGXではOCGカード仕様となり、十代をはじめとして神楽坂、雷丸、鮫島が使用。
    主に墓地利用の布石や手札誘発モンスターの再利用に使われている。
    また、レイ、橘一角、ドクター・コレクター、影丸、ヨハン、斎王のデッキに投入されていることが確認できる。
  • アニメZEXALでは木板製のカードが登場した。
    また、「遊馬vsゴーシュ&ドロワ」戦でドロワの手札に確認できる。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:このカードの発動《ロスト》チェーンされ対象モンスター除外された場合どうなりますか?
A:対象モンスター除外され墓地に存在しなくなった場合は不発となります。

Q:コストとして捨てたモンスターを、そのまま対象に選択することはできますか?
A:可能です。

Q:墓地モンスターが存在しない状態でモンスターコストで捨てて発動し、コストで捨てたモンスター対象に選択することはできますか?
A:墓地モンスターが存在しない状態では、このカード発動する事自体ができません。(09/01/16)
  (→空撃ち


Tag: 死者転生 魔法 通常魔法

広告