B・F(ビー・フォース)降魔弓(こうまきゅう)のハマ》

シンクロ・効果モンスター
星8/風属性/昆虫族/攻2800/守2000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):Sモンスターを素材としてS召喚したこのカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。
(2):このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。
相手フィールドの全てのモンスターの攻撃力・守備力は1000ダウンする。
(3):相手が戦闘ダメージを受けなかった自分バトルフェイズの終了時に発動できる。
自分の墓地の「B・F」モンスターの数×300ダメージを相手に与える。

 COLLECTION PACK−革命の決闘者編−で登場した風属性昆虫族シンクロモンスター
 シンクロモンスターを素材にシンクロ召喚した場合に2回攻撃できる永続効果戦闘ダメージを与えた時に全体弱体化を行う誘発効果戦闘ダメージを与えられなかったバトルフェイズ終了時に墓地B・Fの数だけダメージを与える誘発効果を持つ。

 (1)は特定条件下で2回攻撃できる効果
 シンクロチューナーを用いたり、シンクロモンスターチューナーを経由する必要はあるが、シンクロ召喚に特化したデッキなら無理なく使える。
 自身の攻撃力は高いので2回攻撃自体とは相性が良い。

 (2)は戦闘ダメージトリガーとする弱体化効果
 このカード自体にシンクロ素材の指定はないため、汎用レベルシンクロモンスターとして見た場合はこの効果を目的とした運用となる。
 自身より高攻撃力モンスターが存在しても、横に低攻撃力モンスターが並んでいればそちらを攻撃することで弱体化が狙える。
 しかし活躍の場面が局所的であり、高攻撃力モンスター対策にレベル8のシンクロ召喚を狙うならば、除去効果を持ちこのカードよりも攻撃力の高い《レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト》等、他にも選択肢は豊富。
 (1)の2回攻撃とは相性が良く、1回目の攻撃ダメージを与えて弱体化したモンスターを狙い、大きなダメージを狙える。

 (3)はバーン効果
 【B・F】では決して少なくないバーンダメージを狙うことも可能だが、ダイレクトアタック攻撃表示モンスター戦闘破壊できる状況でこの効果を優先して狙う必要はない。
 (1)(2)の効果との噛み合いも悪く、通常ではモンスターのみを破壊した場合、攻撃をしのがれた場合、攻撃できないデメリットが発生した場合のフォローに使える程度。
 状況に応じて(2)の効果と使い分けられると見ることもできるが、基本的には下記の《B・F−霊弓のアズサ》とのコンボ用の効果と思っておけばよい。

 自身も属するB・Fシンクロチューナーである《B・F−霊弓のアズサ》とは非常に相性が良く、シンクロ素材に使えば(1)の効果適用できる。
 その場合は手札から特殊召喚できるレベル3の《B・F−連撃のツインボウ》がもう片方のシンクロ素材として適する。
 更に相手モンスター戦闘破壊すれば、あちらを自己再生した上でバトルフェイズ終了時に(3)のバーン発動する。
 これにより《B・F−霊弓のアズサ》効果で2800ものバーンが発生するのでエンドカードにもなり得る。

 それ以外のデッキで採用する場合は(1)の効果適用させることを前提とし、シンクロチューナーを経由したシンクロ召喚を多用するデッキで、2回攻撃能力を持ったアタッカーフィニッシャーとしての運用となるだろう。
 また、貴重な昆虫族シンクロモンスターの1体であり、特にレベル8の昆虫族シンクロモンスターは現在このカードしか存在しない。
 【昆虫族】では《寄生虫パラノイド》により攻撃対象をとる効果から守ったり、破壊されても《大樹海》により《デビルドーザー》サーチできるなど、各種サポートカードの恩恵を受けることができるため、優先してシンクロ召喚する価値も生まれるだろう。

  • カード名の由来は「破魔弓(はまゆみ)」だろう。
    破魔弓とは、「はま」と呼ばれる的を射るための占いまたは遊戯用の弓のこと。
    のちに魔除けの縁起物として、正月や五月の節句に弓や矢を男児に贈るようになった。
  • また、アニメでは降魔弓の読みは「ごうまきゅう」であった。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《B・F−降魔弓のハマ》 モンスター シンクロモンスター 効果モンスター 星8 風属性 昆虫族 攻2800 守2000 B・F

広告