《ナイト・ドラゴリッチ/Night Dragolich》

効果モンスター
星4/闇属性/幻竜族/攻1700/守   0
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
幻竜族以外のデッキ・エクストラデッキから特殊召喚されている
攻撃表示モンスターは守備表示になる。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
幻竜族以外のデッキ・エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターの守備力は、
その元々の守備力分ダウンする。

 ネクスト・チャレンジャーズで登場した闇属性幻竜族下級モンスター
 幻竜族以外のデッキエクストラデッキから特殊召喚されたモンスター守備表示にする永続効果、それらのモンスター守備力元々の守備力分ダウンさせる永続効果を持つ。

 融合シンクロエクシーズモンスターの多くを守備力0にして容易に戦闘破壊することができる。
 どちらも永続効果なのでカードチェーンして発動することができず、あらゆる効果カウンター可能な《シューティング・クェーサー・ドラゴン》《餅カエル》などにも妨害されない。
 守備力をアップさせるカードはほとんど使用されないため、これらとの純粋な戦闘ではまず負けることは無いだろう。

 しかし、モンスター効果には干渉できないため、相手ターン効果により除去される恐れがあり、戦闘破壊耐性持っていた場合も単独で突破できない。
 また、効果を受けるのはあくまでも「デッキエクストラデッキから特殊召喚された幻竜族以外のモンスター」だけなので、手札から召喚特殊召喚されたものや蘇生帰還したモンスター守備表示にできないリンクモンスターなどに対しては無力である。
 さらに、リクルーター相手だと戦闘ダメージが与えられず、ジリ貧になってしまうので、貫通効果を持つ《H・C 強襲のハルベルト》等でカバーしたい。
 自身の攻撃力も1700と、下級アタッカーとしてはやや低めの数値であるため、あまり過信して維持せずに使い捨ての除去カードのように運用すると良いだろう。
 守備力0で属性にも恵まれている事から、《悪夢再び》《カメンレオン》に対応しているため、墓地へ行った後も活用法には困らないだろう。

 《邪竜星−ガイザー》《破面竜》リクルートでき、ピン挿しする事も考えられる。
 相手バトルフェイズ中に出し、エクストラデッキから特殊召喚されたモンスター攻撃を封じるといった使い方も可能。
 幻竜族を一切使用しないデッキでも単体で《ヴェルズ・オピオン》《M・HERO ダーク・ロウ》などの封殺効果を持つものを突破できるため、これらが弱点になるデッキで採用する手もなくはない。

 倍の貫通ダメージを与えられる《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》とは抜群の相性を誇り、守備力0のモンスターを殴るだけで1ターンキルとなる。
 儀式モンスター故に手札または《オッドアイズ・アドベント》による墓地からの特殊召喚に限定されるため、このカードの効果を受けない点、《悪夢再び》を共有できる点等のシナジーもある。

関連カード

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:自分セット状態の《ナイト・ドラゴリッチ》に、相手幻竜族以外のデッキエクストラデッキから特殊召喚されたモンスター攻撃しました。
  この時、ダメージステップで《ナイト・ドラゴリッチ》は表側表示になった時の処理・戦闘はどうなりますか?
A:ダメージ計算前表側表示になった《ナイト・ドラゴリッチ》の(1)の効果が、攻撃モンスターにも適用されます。
  したがって、攻撃モンスター守備表示になった場合、《ナイト・ドラゴリッチ》とのダメージ計算は行わずに戦闘は終了します。(14/08/06)


Tag: 《ナイト・ドラゴリッチ》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 幻竜族 攻1700 守0

広告