E−HERO(イービルヒーロー) ヘル・ブラット/Evil HERO Infernal Prodigy》

効果モンスター
星2/闇属性/悪魔族/攻 300/守 600
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
このカードは手札から攻撃表示で特殊召喚できる。
(2):このカードをリリースして「HERO」モンスターがアドバンス召喚に成功したターンのエンドフェイズに発動する。
自分はデッキから1枚ドローする。

 デュエリストパック−十代編3−で登場した闇属性悪魔族下級モンスター
 特定条件下で手札から自身を特殊召喚する召喚ルール効果、自身をリリースしてHEROアドバンス召喚に成功したターンエンドフェイズに1枚ドローする誘発効果を持つ。

 (1)は、自分フィールドモンスターが存在しない場合に特殊召喚できる効果
 表示形式攻撃表示限定だが相手フィールドに左右されないため、先攻ターン目でも特殊召喚しやすい。

 (2)はこのカードリリースしてHEROアドバンス召喚した場合のドロー効果
 エンドフェイズとタイミングが遅いのがやや難点だが、ディスアドバンテージを回復してくれるため有用ではある。
 《E−HERO マリシャス・エッジ》と相性が良く、相手フィールドモンスターが存在すれば、即座にアドバンス召喚してドローに繋げられる。
 回数制限はないため、《地獄の暴走召喚》で3体に増やし、2体をリリースして最上級HEROを出した場合は2枚ドローが可能。
 しかし、HERO融合召喚を狙いたい場面が多く、アドバンス召喚したいものは《V・HERO ウィッチ・レイド》くらいである。
 前述した《E−HERO マリシャス・エッジ》にしても、《E−HERO シニスター・ネクロム》ならば直接リクルートできる。

 そのため、シンクロ素材エクシーズ素材リンク素材としての活用も視野に入れるべきだろう。
 当然、このカード以外でも同様の動きができる特殊召喚能力を持つカードは存在し、その内のいくつかはこのカードより小回りが効くものも多い。
 その場合、レベル属性種族の違いだけでなく、やはりHEROサポートに対応する点で差別化を図りたい。
 特に《E・HERO エアーマン》《E・HERO シャドー・ミスト》サーチ可能な点は無視できない。
 また、HEROリンクモンスターは、いずれもHERO縛りリンク素材指定を持っているため、自己特殊召喚効果を持つこのカードは活用しやすい。
 《マスク・チェンジ》召喚権を残したまま、《M・HERO ダーク・ロウ》などにも繋げられるのも利点となる。

  • アニメでは(2)のドロー効果は以下の様になっていた。
    このカードがフィールド上から墓地に送られたとき、
    デッキからカードを1枚ドローする。
    この効果でドローしたカードは、
    このターンのエンドフェイズまで効果を無効とする。
    覇王十代がこの効果ドローしたのは《超融合》だったが、デメリット効果により同ターン発動せずにセットしている。
    また、イラストは直立しており、両脇には白い光のオーラのようなものが昇っていた。

関連カード

ドロー効果適用できるHERO

上級モンスター

最上級モンスター

収録パック等

FAQ

Q:(2)の効果はいつチェーンブロックを作りますか?
A:エンドフェイズです。(08/06/09)

Q:裏側表示のこのカードリリースしてHEROモンスターアドバンス召喚した場合、(2)の効果発動しますか?
A:はい、その場合でも発動します。(10/02/28)

Q:このカードリリースしてHEROモンスターセットした場合、(2)の効果発動しますか?
A:いいえ、発動しません。(08/06/09)

Q:このカードリリースしてHEROモンスターアドバンス召喚した後に墓地のこのカード除外された場合、(2)の効果発動しますか?
A:はい、その場合でも発動します。(07/10/23)

Q:このカードリリースしてHEROモンスターアドバンス召喚した後に墓地のこのカード手札デッキ戻った場合、(2)の効果発動しますか?
A:いいえ、発動しません。(07/10/23)

Q:《暗闇を吸い込むマジック・ミラー》が存在する時にHEROモンスターアドバンス召喚によって除外された場合、(2)の効果適用されますか?
A:はい、除外された場合は墓地発動しないため無効化されません。(09/01/20)

Q:このカードリリースしたHEROモンスター召喚《神の宣告》無効にした場合、(2)の効果発動しますか?
A:いいえ、発動しません。(09/01/20)


Tag: 《E−HERO ヘル・ブラット》 効果モンスター モンスター 星2 闇属性 悪魔族 攻300 守600 HERO E−HERO

広告